GATTA(ガッタ) > Hair > 汗で髪がうねる…がなくなる!? 朝のひと手間で「スタイリングが崩れにくくなる」裏技6選
髪を乾かす女性
hair

汗で髪がうねる…がなくなる!? 朝のひと手間で「スタイリングが崩れにくくなる」裏技6選

2020.08.20 20:30

汗や湿気による髪のうねりや崩れ。暑い夏はいつも以上に気になってしまいますよね。「せっかく朝スタイリングをしたのに……」と日中がっかりしてしまうことも多いのでは?

そこで今回は、朝のひと手間でスタイリングが崩れにくくなる裏技を6つご紹介します。

髪全体のうねり編

裏技1:モーニングスプレーを使う

スタイリングをする女性

出典: shutterstock

時間がある場合は1度シャワーを浴びてしまうのがよいですが、朝は忙しくてなかなか余裕がないですよね。そんなときは寝癖直しとなるスプレーを適量髪に振りかけ、ドライヤーの熱を使って髪のうねりをとってください。

髪は1度濡らすことで水素結合が切り離されて熱を与えることでまた戻ります。うねりはこの水素結合を1度濡らして切り離すことで直せるので試してみてください。乾かした後にベタつきが残りにくく、髪に浸透しやすいミストトリートメントがおすすめです。


【もっと詳しく】
朝晩これだけでOK!「湿気でうねる髪をキレイに整える」美容師直伝テク

裏技2:ドライヤーのあて方を工夫する

髪を乾かす女性

出典: Shutterstock

夏は暑いので、ドライヤーをあてるのが億劫になる人は多いのではないでしょうか?

しかし濡れたままの状態でいると髪の傷みが進行してしまい、うねりの原因になることも……。

そんなときは温風と冷風を交互にあてて、髪や頭皮の温度が高くなりすぎないようにしてみてください。

冷風を入れることで頭皮からの汗を防ぎ、きれいに髪を乾かすことができます。

ポイントは、しっかりと根元に風をあてて、手で髪の根元を起こすようにして乾かすこと! これにより、ふんわりとした立体的なスタイルが作りやすくなります。


【もっと詳しく】
夏のべたつき・うねりからサヨナラ!誰でも続けられる簡単ヘアケア3つ
美容師に聞いた!髪にやさしくサラツヤ髪を叶える「お風呂でできるヘアケア」3つ

前髪のうねり編

裏技3:スプレーでガチガチに固める

前髪を巻いたらスプレーをしっかりとつけ、ホールドさせてください。これが一番前髪が崩れない方法です!

アイドルの方も、このようなスタイリングをしている方が多く、激しいダンスをした後でも崩れない鉄板スタイリングです。

ただし、あまりにも崩れないので、少し不自然な感じになることも……。ベタベタ、ガチガチな質感が嫌な方にはあまりおすすめはできません。


【もっと詳しく】
絶対に崩したくない人へ!美容師が教える「前髪スタイリング術」3つ
[/hidefeed]

裏技4:「うねりを活かす」スタイリングをする

[caption id="" align="aligncenter" width="800"]お洒落な女性 出典: GATTA[/caption]

このスタイリングのポイントは、“髪の中の水分量をいっぱいにすること”です。

汗でうねる季節ほど真っ直ぐな髪にしたくなりますが、あえてストレートにしようとせず、“髪をうねらせる”という発想の転換をしてみましょう。

うねりを活かした“無造作スタイリング”をすることで、汗や湿気に悩まされることなく髪型をキープできますよ。

■うねりを活かすスタイリングのポイント

(1)髪が濡れた状態でピンポン玉2つ分のムースを手に出し、髪の内側から全体に揉み込みます。

(2)ドライヤーの弱風を髪にあてて、毛束を握りながら乾かしていきましょう。これで無造作スタイリングの完成です!

こうすることで髪の中に水分を閉じ込めることができるので、髪が非常に潤った状態に。そのため、日中汗をかいてもそれ以上にうねることはありません。

[hidefeed]
【もっと詳しく】
実はムースが使える!汗や湿気に負けない「無造作スタイル」のつくり方

裏技5:「前髪パーマ」で朝の時間を短縮する

前髪パーマ

出典: GATTA

少しお金はかかりますが、これをしておくだけで毎日のスタイリング時間を省け、1日キープできるので本当におすすめです。

触ってもベタつかないですし、スタイリング剤をつけたとしても自由に触れるので、最近では前髪パーマのみをする方も増えてきていますよ!


【もっと詳しく】
絶対に崩したくない人へ!美容師が教える「前髪スタイリング術」3つ
おうち時間どう使う?美容ライターがリアルに愛用してるお手軽ケアアイテム(AD)

裏技6:「縮毛矯正」で朝の時間を短縮する

ヘアアイロンをかける女性

出典: GATTA

全体のクセは気にならないけど、前髪やこめかみのクセは何とかしたい。そんな方におすすめなのが“前髪の縮毛矯正”です。

しかし、前髪に縮毛矯正をかけると、まっすぐになりすぎたり、ぺたっとなってしまったり、きれいにスタイリングするのがなかなか難しいのも事実。

以下のポイントに注意して、自然なストレートスタイルを目指しましょう!

■縮毛矯正をかけるときは「根元と毛先の薬を時間差で塗り分けてもらう」

薬が強すぎると、髪の結合をほどきすぎて傷んだりペタッとしたりします。そのため、根元の産毛と毛先を塗り分けるのがおすすめ。

縮毛矯正は一度かけると元の髪に戻ることはありません。頻繁にやらない施術だからこそ、縮毛矯正の得意な美容師さんにお願いしたり、「根元と毛先のお薬を時間差で塗り分けてください」とオーダーしたりすることが大切です。

■スタイリングするときは「アイロンをまっすぐに当てすぎない」

アイロンをまっすぐに当てすぎると、ピンとした板のような仕上がりになってしまいます。

アイロンをあてるときは、温度を180度に設定し、最初は髪に対してアイロンをまっすぐにあててOK。そこから毛先にいくにつれて徐々に下45度の角度にしてかけていきましょう。こうすることにより、髪に丸みを出すことができますよ。


【もっと詳しく】
湿気でうねる髪…どうしたらいいの!? 「前髪」縮毛矯正のコツ2つ

 

少し工夫をするだけで髪の悩みを減らせそうですね。1日を快適に過ごすために、ぜひ取り入れてみてください!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
※Aquarius Studio、Alena Ozerova 、George Rudy/Shutterstock