GATTA(ガッタ) > Hair > そろそろショート飽きたな…「上手に伸ばす」スタイルチェンジカタログ
パツっとボブ
hair

そろそろショート飽きたな…「上手に伸ばす」スタイルチェンジカタログ

2020.08.22 21:00

普段からショートヘアにしていると伸ばすときにどうしたらいいのか悩みますよね? ショートだとカタチが崩れるのが早いし、どういう風に伸ばすのがいいのか分からないなんて方も多いはず。

そこで今回は美容師の今泉孝記さんに、ショートからきれいに伸ばしたいときにおすすめのカットについて教えてもらいました。

1:まずは「軽めハンサムショート」

短めのショートの場合は、えりあしがはじめに伸びてきて気になることが多いので、サイドは少しずつ伸ばしてえりあしは整えていくのがおすすめ! 長さを伸ばす過程で重たくなって動きづらくなると扱いにくいので、軽さはしっかり出しましょう。

ただその際に、サイドに段差が入りすぎると伸ばしていくのが大変なので、段は入れずに伸ばすのがコツ。

軽めなショートはゆるく巻いてドライなワックスを揉み込むだけでおしゃれに見えてくれるので、スタイリングも簡単でいいですね!

2:少し伸びてきたら「パツっとボブ」

次のスタイルはえりあしをパツっとそろえたボブ。サイドを伸ばして後ろの長さとの差がなくなってきたら一度パツっとラインを出すのがきれいに伸ばすポイント!

髪は必ず後ろが早く伸びるので、やや前下がりなラインにするともちがいい上に、バランスもシャープに見えて素敵です。

ここまでくると肩につくまではボブのカタチで簡単に伸ばしていけるので、オイルを内側にしっかりめにつけてウェットにまとまる質感にするとオシャレでいいかも!

3:中途半端な長さは「ミディアムウルフで外ハネ」

次のスタイルは、パツっとボブと逆にしっかり段差をいれたミディアムウルフスタイル。

ボブから伸ばして肩につくくらいの長さになると、実はハネやすくなってくるんです。肩から鎖骨くらいまではハネを生かして上げるのが伸ばすコツ! きれいにくびれをつくり、ハネさせることでウルフっぽく。ウルフっぽくすることで、ナチュラルに長さを作っていけます。

ふんわり巻いてくびれ感をより強調してあげるのがスタイリングのポイントです!

 

こうして見るとショートから伸ばす上で色んなスタイルがあるのが分かりますよね! ただ伸ばしっぱなしにするんじゃなく、いろんなスタイルにチャレンジしながら伸ばしていくことでおしゃれをもっと楽しめるかも! ぜひ伸ばす際は参考にしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

似合わないって決めつけてない?失敗しらずの「丸みショート」なら小顔見えも叶う

硬毛さん、多毛さんでも大丈夫!軽く見える「垢抜けボブスタイル」3選

美容師に聞いた!髪にやさしくサラツヤ髪を叶える「お風呂でできるヘアケア」3つ(AD)