GATTA(ガッタ) > Bodymake > 疲れにくい体を目指す!固まった背中・首・肩をほぐす「柔軟ストレッチ」
17668
bodymake

疲れにくい体を目指す!固まった背中・首・肩をほぐす「柔軟ストレッチ」

2020.08.20 21:00

毎日のデスクワークや家事でだんだんつらくなってくる”肩”や”首”。マッサージに通うにも、毎日通うのは難しいですよね。

そこで今回は、ヨガインストラクターのNATTYさんに、”固まった背中肩・首・肩をほぐす柔軟ストレッチ”を教えてもらいました。

寝る前や朝、お仕事の合間などに取り入れ習慣化することで、疲れにくい体を目指しましょう。

動画を見ながら…LET’S TRY!

STEP1:背中をほぐす

(1)両手の指を組み、吐く息で上半身を前に伸ばします。

(2)吸う息で戻し、次は吐く息で右斜め前に上半身を伸ばしましょう。

(3)同様に、左斜め前にも同様に伸ばします。

(4)吐く息呼吸で背中や腰、体の背面を伸ばしていく意識を持ちましょう。数回繰り返します。

(5)吸う息で手のひらを返し、上に伸ばします。吐く息で手をほどきましょう。

STEP2:首まわりをほぐす

(6)頭を右に倒し、半周するように左へ頭の位置を移動させます。

(7)同じようにゆっくり右へ頭を移動させます。数回繰り返しましょう。

(8)頭を右に倒した状態で、左手の指先を斜め後ろにつきます。

(9)さらに伸びを深めたい場合は、右手で左のこめかみを押さえて一呼吸しましょう。

(10)反対も同様に行ってください。

(11)頭のうしろで指を組み、首のうしろを伸ばすように一呼吸します。

このとき、背中を丸めないように、後頭部を斜め上へ引き上げる意識で行ってください。

(12)両手を胸の上で重ね、あご顎を上に引き上げ、首の前の筋肉を伸ばします。

STEP3:肩まわりをほぐす

(13)両手を肩に乗せ、肩甲骨から動かすように大きく回します。

(14)最後に両手を横から回し上げ、合掌し、胸の前に下ろしてください。

ポーズをとるときのコツ

・深い呼吸を意識しましょう。

・吐く息とともに筋肉の伸び、緩みを意識しましょう。

・肩や首周りの力を抜きましょう。

・頑張りすぎず、リラックスした状態で行いましょう。

おすすめポイント

気になる背中、肩、首、肩にピンポイントでアプローチできるエクササイズをご紹介しました。イスに座ったままでも挑戦できるので、ふとしたすきま時間に試してみてくださいね。

体が硬い方も挑戦しやすいので、ぜひ毎日行ってみて!

 

続けることで、体にも心にも少しずつ変化が訪れるはず。体調にあわせて、自分ができる範囲でチャレンジしてみてくださいね。


⇒こんな記事も読まれています

目指せ180度開脚!体の硬い人でも試しやすい「柔軟ストレッチ」まとめ

180度開脚に近づく!? 柔らかい股関節を1ヵ月で目指す「5分間柔軟ストレッチ」

ノンシリコンを勘違いしているかも!? 美容家に聞いた「シャンプー」の選び方(AD)

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。