GATTA(ガッタ) > Hair > 似合わないって決めつけてない?失敗しらずの「丸みショート」なら小顔見えも叶う
丸みショート
hair

似合わないって決めつけてない?失敗しらずの「丸みショート」なら小顔見えも叶う

2020.08.18 20:00

ショートヘアに憧れているけど、切る直前でやめてしまったり、切ったあとに「失敗した……」と感じてしまったりした経験がある方は多いのではないでしょうか? 「似合わなかったらどうしよう」と少し不安になってしまいますよね。

美容師の寺内槙太郎さんによると、ショートヘアは毛が短い分ごまかしがききにくく、また同じショートヘアのスタイルでも輪郭によってはたった1cmの違いで、全く違う印象になってしまうこともあるそうです。ショートヘアを素敵に仕上げるためには、自分の輪郭に合うスタイルを選ぶことと、またはそれを見抜いてくれる美容師さんが大切なんだとか。

そこでおすすめしたいのが“丸みショート”。ショートで失敗したくない人にはぜひ挑戦してほしいというスタイルです。今回は寺内さんに、“丸みショートヘア”の魅力を教えていただきました。

1:スタイリングが簡単

丸みショートとは、全体的に長さにゆとりと厚みを残してカットするショートボブ。後頭部の丸みやボリュームで作るかわいらしいシルエットが特徴的なスタイルです。

短めショートが不安な方やスタイリングが苦手な方、伸ばしていきたい方に相性がよく、伸びてきたときにもリペアがしやすいのがポイント。やわらかい丸みが最大の特徴だからこそ、スッキリめの襟足によるメリハリや、きれいな毛流れがおしゃれな雰囲気を演出してくれます。

なんといっても、後頭部のきれいな丸みと程よいボリューム感は再現性が高く、おうちでもお手入れしやすいのが最大のメリットです!

2:小顔見えが叶う

また骨格補正として丸顔や頬などの顔型が気になる方、小顔効果を得たい方におすすめのヘアスタイルともいえます。

顔まわりのデザインが一人ひとりの骨格にフィットしやすいので骨格補正が叶うんです。前髪有無だけでも顔の見え方が変わり、それに付随した顔まわりのデザインで骨格をコントロールできます。

3:首の太さや体形もカバー

この写真のように襟足のデザインでその骨格や体型、首の太さの見え方までもコントロールできます。

右がBeforeで左がAfterです。左の写真は首や肩がスッキリして見えますよね。

 

かなりシンプルなデザインですが、丸みショートに挑戦しやすいという理由は、どんな骨格でもハマりやすく、美容師としても似合わせがしやすいからです。

女性は直線より曲線の方がマッチしやすく、逆に直線的なものは男性的で個性をひきたてる役目を持ちます。曲線が特徴の丸みショートは、まさに顔の形を選ばない最強ショートともいえるでしょう。

まずは担当の美容師さんと髪型のことしっかりと話した上で、丸みショートに挑戦してみてください!

⇒こんな記事も読まれています

ふんわり感が再現しやすい!30代におすすめ「垢抜けナチュラルボブ」まとめ

この夏はあえて染めない!軽やかでおしゃれにキマる「黒髪ショート」3つ

美容師に聞いた!髪にやさしくサラツヤ髪を叶える「お風呂でできるヘアケア」3つ(AD)