GATTA(ガッタ) > Beauty > 朝から汗でベタベタ…ひんやりしながらメイクできる「冷感ベースメイクコスメ」4選
ひんやりコスメ
beauty

朝から汗でベタベタ…ひんやりしながらメイクできる「冷感ベースメイクコスメ」4選

2020.08.15 20:00

暑い日が続く8月。せっかくきれいにメイクをしても、「汗ですぐに崩れてしまう……」という方も多いと思いますが、もはや「メイク中から汗だくできれいにメイクが仕上がらない!」そんな悩みを持っている方も多いのでは?

今回は、美容ライターのSAKIさんにメイク中にクールダウンできる”ひんやり系コスメ”を厳選して紹介していただきました!

1:ひんやりタッチで美しいベースメイクキープ!スプレータイプの化粧下地

エスプリーク「ひんやりタッチ パーフェクト キープ ベース」

エスプリーク下地

出典: GATTA

珍しいスプレータイプの化粧下地でダイレクトにひんやり感を得られます。直接肌にはスプレーせず、スポンジに一旦スプレーし、そのままスポンジを滑らせるように馴染ませていきましょう。

スポンジで馴染ませてもひんやりとした心地よさを感じることができ、メイク時間も快適に!

色はほんのりピンクでトーンアップ効果が期待できます。密着感が高く、ムラのないきれいな仕上がりが続く優れものです。

【商品詳細】
エスプリーク『ひんやりタッチ パーフェクト キープ ベース』メーカー希望小売価格 / 2,310円(税込)

2:冷たい感触がダイレクト!肌色補正もできるエッセンスファンデーション

エスプリーク「ひんやりタッチ BBスプレー UV 50 K」

エスプリークBB

出典: GATTA

先ほどのエスプリークの下地と同じく、スプレータイプのベースメイクアイテム。こちらはBBスプレーなので肌色補正をすることができます。こちらもスポンジに含ませてから肌に馴染ませていくタイプです。

ひんやりとした感覚をダイレクトに感じ、汗によるベースメイクの崩れを防ぐことができます。また、薄膜で肌の色ムラや毛穴をカバーすることができるので厚ぼったくならず、日中の崩れ防止にも。カバー力は欲しいけどナチュラルな仕上がりにしたい!という方におすすめです。

【商品詳細】
エスプリーク『ひんやりタッチ BBスプレー UV 50 K』メーカー希望小売価格 / 2,310円(税込)

3:ユニークなジェルおしろい!ひんやり感じながらツヤ肌を叶える

COVERMARK「モイスチュアコート ジェル」

カバーマーク おしろい

出典: GATTA

おしろいといえば普通は粉をイメージしますが、なんとこちらはジェルタイプ。粉ではなく液体なので、ベースメイクの崩れを防ぎながらみずみずしいツヤを残すことができます。

スポンジに含ませ、引きずらずポンポン叩き込むように馴染ませれば下のファンデーションがヨレることなくきれいに仕上がります。

表情の動きに合わせてフィットしてくれるので、シワに入り込んで、剥がれも防ぐことができます。保湿成分も配合*1されているので乾燥しやすい方、スキンケア感覚で使いたい方におすすめです。

【商品詳細】
COVERMARK『モイスチュアコート ジェル 専用パフ付き (35g)』メーカー希望小売価格 / 5,500円(税込)

* 1セラミド(細胞間脂質・保湿成分)配合

4:水のようなみずみずしいひんやり感!夏に欠かせないルースパウダー

est「スプラッシュ ルースパウダー」

エストパウダー

出典: GATTA

こちらは粉タイプの仕上げパウダーです。パウダータイプは粉っぽさが残ってしまったりマット感が出てしまったり、仕上がりの好みに影響が出やすいですが、こちらは粉っぽさなくソフトマットな仕上がりにすることができます。

なんといっても使用感が最高! まるでお水を肌に乗せているようなみずみずしさとひんやり感を感じることができ、夏にはぴったりです。実際、水分の周りを粉が覆っている構造*2になっているので触れた瞬間水がはじけてひんやり感じられるそうです。毎日のメイク時間が楽しみになるような優秀アイテムです。

【商品詳細】
est『スプラッシュ ルースパウダー』メーカー希望小売価格 / 4,500円(税抜)

 

2020年は猛暑が続くといわれています。ぜひこの記事を参考にひんやりコスメを使ってメイク時間を快適なものにしてくださいね!

⇒こんな記事も読まれています

メイク中から汗だくに…蒸し暑さを吹き飛ばす「ひんやりスキンケア」3選

べたつかない使い心地のトリコ!冷房冷えからお肌を守る「うるおい化粧水」3つ

美容師に聞いた!髪にやさしくサラツヤ髪を叶える「お風呂でできるヘアケア」3つ(AD)

【参考】
*1 COVERMARKブランドサイト
*2 estブランドサイト

※価格は編集部調べ