GATTA(ガッタ) > Beauty > 美肌への近道!プロに聞いた「お風呂の中で済ませたい」スキンケア3選
入浴する女性
beauty

美肌への近道!プロに聞いた「お風呂の中で済ませたい」スキンケア3選

2020.08.09 20:30

毎日、何気なくお風呂での時間を過ごしていませんか? 実はお風呂はプレスキンケアの時間ともいえる、美肌づくりのためにはとても大切な時間でもあります。

そこで今回は美肌研究家の杉本由美さんに、お風呂の中で済ませておきたいスキンケアを教えてもらいました。効率的なスキンケアが叶うようになるかも!?

1:湯船に浸かりながらのホットタオル

暑い夏は湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまいがちですが、お風呂に浸かることでリラックス効果や代謝アップが期待できます。さらにスキンケアの効率を高めるためには、湯船に浸かりながらのホットタオルがおすすめ!

毛穴に詰まったメイク汚れをオフするには、毛穴が開いた状態でのクレンジングがベスト。そのため入浴をしながらホットタオルを顔にのせ、毛穴を開く準備をしておけば、毛穴に詰まったメイク汚れへのアプローチがしやすくなります。

2:押し洗いクレンジング

効率のいいスキンケアを目指すなら、肌表面や毛穴に詰まったメイク汚れはきっちりオフしておくことが基本です。汚れが残ったままスキンケアをしても、保湿成分や美容成分の浸透は不十分となり、効率のいいスキンケアは見込めません。

お風呂はメイク汚れをオフするには絶好のタイミング! ゴシゴシ擦り洗いするのではなく、泡洗顔で擦らずやさしく毛穴汚れを意識した押し洗いがおすすめです。すすぐときもシャワーを直に顔にあてるのではく、手のひらでぬるま湯をすくい、肌につけるような感覚で擦らずにすすぎましょう。

クレンジングの質が、スキンケアの質を左右するといっても過言ではありません。

3:インバスマッサージでくすみケア

「夏場は冷えとは縁がない」と思いがちですが、冷房による隠れ冷えに気づいていないことがしばしば。冷えは代謝を悪くしてしまい、肌トラブルの原因にもなりかねません。

夏の隠れ冷えによる肌トラブルを回避するためには、インバスマッサージがおすすめ。体が温まっているときに、首元やデコルテラインなどのリンパマッサージをして血行を促しましょう。くすみ解消やお風呂上がりのスキンケアで美容成分の浸透をよくすることが期待できます。

 

プレケアがきちんとできていれば、スキンケアの効率をよくすることも可能!

毎日ただお風呂に入るのではなく、せっかくなら美肌を目指すための時間にシフトしてみませんか。

⇒こんな記事も読まれています

こっそりのぞき見!美肌研究家が絶対に欠かさない「スキンケアのナイトルーティン」

実はNG!? 今日から見直したい「毛穴・黒ずみ」の勘違いスキンケア3つ

ノンシリコンを勘違いしているかも!? 美容家に聞いた「シャンプー」の選び方(AD)

【画像】
※shimi、Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」