GATTA(ガッタ) > Hair > 意外と簡単!こなれショートが叶う「ストレートアイロンを使った」スタイリングテク
お
hair

意外と簡単!こなれショートが叶う「ストレートアイロンを使った」スタイリングテク

2020.08.01 19:00

美容室でやってもらったスタイリングを自分でも再現したいですよね。柔らかく動きがあって空気感のあるふんわりショートはスタイリングが難しい印象がありますが、ストレートアイロンがあれば簡単で安全にスタイリングが変化します。

今回は、美容師の森下優也さんに、ショート用のストレートアイロンでできるスタイリングテクニックを教えていただきました!

ストレートアイロンはショート向き

い

出典: GATTA

ストレートアイロンはショートヘアに使うには最適なアイテムです。まっすぐなプレートを滑らせて好きな強さにカールさせられます。また、火傷の心配も少ないので根本近くから熱を通すことができます。

おすすめの温度は150〜160度。傷ませないために挟んだ髪の毛を強く擦らないように優しく挟んで滑らせるのがポイントです! 3秒以上同じ場所にあてないように注意しましょう。

テクニック1:「しの字」の毛先カール

あ

出典: GATTA

毛先カールは初心者でも簡単にできて、毛先を柔らかく見せたり、流したりするときにおすすめです。

中間から毛先にかけてアイロンを滑らせて、“しの字”を意識して毛先を丸めます。

中間から髪に対して真っ直ぐ挟んだら90度を目安に手首を返すように毛先にかけて力をかけずに滑らせてください。

ボリュームはそこまで出ませんが、シルエットを壊すリスクも少なく、空気感とツヤ感の両方をスタイリングで楽しめます。

テクニック2:「Cの字」の半円カール

え

出典: GATTA

今度は毛先だけではなく、“Cの字”のように根元近くの中間から毛先までを大きい半円をイメージしてカールさせます。

毛先カールと違い、中間からカールさせる場合は、根本よりの中間から真っ直ぐ髪を挟んだら、45〜90度程アイロンに角度をつけて手首を返すようにして大きい半円を描いてカールさせます。

このとき、髪に対して角度をつけてアイロンを通すので力が加わりやすいですが、なるべくやさしめに通していきましょう!

テクニック3:ふんわり前髪カール

う

出典: GATTA

前髪をふんわりさせたカールにしたいときには、髪の毛の中間からアイロンを通して“Cの字”と“しの字”の間くらいの感覚でカールさせるのがおすすめです。

前髪を持ち上げてカールさせる方とボリュームが出て、自然に下に落ちている状態でカールさせる方とボリュームが控えめになります。なりたいスタイルに合わせて調整してみてください。

一気に髪を持って巻くのではなく、いくつかに分けてから、細めの束で巻くと失敗しにくいですよ!

 

実はストレートアイロンはショートヘアに特化しているアイテム。これ1本で多彩なヘアスタイリングが楽しめます。

毛先を前に向けるのか後ろに向けるのかで印象も全く変わるので、参考にしたいヘアスタイルの動きがどうなっているのか注目してみてくださいね!

⇒こんな記事も読まれています

長さを変えずに印象変える!美容師が教える「おしゃれ見え」ショートスタイル3つ

ふんわり感が再現しやすい!この夏おすすめ「柔らかボブ&ショートヘア」3選

意外と盲点だったかも!? 美容師に聞いた「梅雨にすべきヘアケア」3つ(AD)