GATTA(ガッタ) > society > 好きなモノがあるって楽しい!「マニアック」を追求すること vol.1~ヨーグルトマニア 向井智香~
society

好きなモノがあるって楽しい!「マニアック」を追求すること vol.1~ヨーグルトマニア 向井智香~

2020.07.28 20:00

誰にも理解されなくても、自分の好きなモノを追求する。好きなことを考えたり、楽しんだり、見たりしているときこそ、その人がその人らしく輝く瞬間です。「わたしって変なのかな?」「忙しいから後回しにしよう」そうやって“自分らしく輝くこと”を諦めないで!

今回は、これまで1,600種類以上のヨーグルトを食べ・発信しつづけてきた、ヨーグルトマニアの向井智香さんにお話を伺いました。

はじまり

「好きが連鎖するよろこびを知った」

Q.ヨーグルトを好きになったきっかけは?

幼い頃から習慣として食べていたヨーグルト。ある日たまたま『パルテノ』を食べたとき、質感の違いに驚いたんです! はじめて“ヨーグルトにも種類があること”を意識しはじめました。それから、今まで味わったことのないヨーグルトを食べることに興味を持ち、さまざまなヨーグルトを知りたい欲が湧き出てきました。今は毎日1kgまでと決めて、冷蔵庫にぱんぱんに詰まったヨーグルトを楽しんでいます(笑)

Q.発信をはじめたのはなぜ?

完全にオタク心ですね。最初は友だち限定でFacebookに食べておいしかったヨーグルトを投稿していました。気づいたら投稿がすごい数になっていて。そんなとき、当時のパートナーが、「おもしろい内容なのに、友だち限定なんてもったいないよ」と言ってくれたんです。自分では一方的にヨーグルトの魅力を発信しているだけで、価値があると思っていなかったので驚きました……! その言葉をきっかけに半信半疑でブログを始めてみたら、すぐリツイートされ「ものすごいヨーグルト好きがいる」とプチバズり。自分の好きが誰かの好きにもつながることに気づきました。

Q.周りの反応は?

最初はメーカーや商品を超えた“ヨーグルト愛”を語り合える人がいませんでした。でも、発信をつづけるうちに「こんなに種類があるんだね」と、ポジティブな反応が返ってくるようになって。ヨーグルトに詳しくなかった友だちも、今ではヨーグルト情報を共有してくれるようになりました。食べ比べイベントに、喜んで参加してくれる子も! 周りの人がいろんな種類のヨーグルトを味わう楽しさを知ってくれたことはうれしかったですね。

これから

「ヨーグルトとともに叶えたい夢」

Q.仕事と趣味の両立は?

正直、スケジュールを詰め込みすぎて、倒れそうになったこともいっぱいあって……。でもヨーグルトに関することで「しんどい」と思ったことは一度もないんですよね。「どう両立しようか」と悩んだことはなくて、逆に本業の仕事をいかに効率よく終わらせるかを考えています。ヨーグルトに熱中することは、生活の一部。どんなに忙しくても楽しいです!

Q.ヨーグルトを仕事にしたいと思ったことは?

最初はずっと趣味で楽しめればいいと思っていました。でも、だんだんと考えが変わってきています。これまで、自分だけでは実現できない工場や牧場の見学や「講演会をやってほしい」と依頼をいただく機会がありました。まさか自分がステージに立って“先生”と呼ばれるなんて思ってもいなくて……! さらに、イベントや取材、新商品開発など連鎖反応的に声をかけてもらうことが増え、周りの方々がヨーグルトを仕事化してくれました。直接会いに来て、活動を応援してくれる人まで。“カップヨーグルト研究会の向井智香”として育ててもらっていると感じ、責任を持って取り組むためにも、ヨーグルト1本に絞ったほうがいいかなと思い始めているところです。

Q.今後挑戦したいことは?

「あったらいいな」と考えているのが、メーカー超えてご当地ヨーグルトを食べ比べできるお取り寄せセット。ヨーグルトのお取り寄せは、同一商品を1ケース単位などセットで販売されていることがしばしば。ヨーグルト初心者にはハードルが少し高いですよね。だからこそ、数種類のおすすめを詰め込んだセットで、ご当地ヨーグルトを食べ比べできる機会があれば、もっと多くの人に魅力を伝えられるはず。賞味期限などの壁があり実現にはまだ時間がかかりそうですが、同じような想いのある人たちが応援してくれているので、いつか実現したいです!

思い入れのあるヨーグルトBEST5

1位 スイミー牛乳店「生乳100% ヨーグルト」

商店街の一角にあるヨーグルト屋さんのヨーグルト。配送はしておらず、地元の人が買って帰る、街のお豆腐屋さんのような存在です。最初はフォロワーさんに送ってもらって食べたのがきっかけ。おいしさに感動して「お店に行きたい」と発信したら、別のフォロワーさんが車を出して、案内すると声をかけてくださって! ヨーグルト好きの輪のおかげで、ネットにも情報が少ない絶品ヨーグルトに出会えたうれしい経験でした。

2位 「ヨーグルト・BAR」で食べた
小美玉ふるさと食品公社「おみたまヨーグルト」

去年、『ヨーグルトの日』である5月15日に茨城アンテナショップで開催された『ヨーグルト・BAR』。ヨーグルトを友達同士で楽しむ場って意外とないので、新鮮でした。そこで食べた『おみたまヨーグルト』が印象に残っています。1カップのプレーンヨーグルトを、茨城県産のトッピングで自由にアレンジして楽しめるイベントだったのですが、豊富なトッピングには、れんこんやドライ納豆が……! これが抜群に合うんです。

3位 有限会社阿部牧場「ASO MILK のむヨーグルト」

ウワサで聞いていた熊本県メーカーのヨーグルト。現地まで買いに行きました。草千里の壮大な景色を見ながら飲んだ『ASOMILKのむヨーグルト』は格別! 現地の空気感を味わいながら楽しむ、“体験”という付加価値も与えてくれるのもご当地ヨーグルトの魅力の一つです。

4位 蒜山酪農農業協同組合「蒜山ジャージーヨーグルト」

岡山出身の友人が「おいしいよ」と教えてくれた、岡山県のご当地ヨーグルト。当時、都内でも手に入ることを知らなくて、わざわざ岡山まで買いに行きました……! 売店で見つけた瞬間、我慢ならずにその場でパクリ。売店のおばちゃんと打ち解けて、自家製のヨーグルトをご馳走してもらうまでに。旅先ならではのコミュニケーションが記憶に残り、すごく温かい気持ちで味わったヨーグルトです。

5位 丹波乳業株式会社「大納言あずきヨーグルト」

丹波出身の大学の先輩がプレゼントで送ってくれて、初めて知ったヨーグルト(今回の撮影で着ていたTシャツのメーカーなんだとか!)。元々あんこが好きで、ヨーグルトと混ぜて食べていましたが、定番商品として扱っているメーカーは少なくて……。なので、出会ったときはビビッと運命を感じ、大好きなヨーグルトに!

インタビュー中、途切れることなく語られたヨーグルトの魅力。そこには向井さんの、純粋なヨーグルト愛を感じました。“好きなモノを共有したい気持ち“さえあれば、自然と同じモノが好きな人たちに囲まれ、熱中できる環境が整っていくのかもしれません。周りに共感し合える仲間がいない、忙しくて時間を確保できない……そんなあなたも自分のペースで好きなモノを追い続けてみて!


ブログやSNS(InstagramTwitterFacebook)を通して、今までで1,600種類以上ものヨーグルトを投稿するヨーグルト愛好家。テレビやラジオ、新聞と幅広いメディアで活躍中。パッケージから味わい、栄養分まで丁寧に考察されたヨーグルト分析は、多くのヨーグルト好きに支持されている。

photograph:Hirotsugu Soda