GATTA(ガッタ) > Hair > この夏はあえて染めない!軽やかでおしゃれにキマる「黒髪ショート」3つ
hair

この夏はあえて染めない!軽やかでおしゃれにキマる「黒髪ショート」3つ

2020.07.18 19:30

季節が変わり、暑い夏が目の前にくるとヘアスタイルを変えたくなったり、髪を明るくしてイメージチェンジしたくなったりしますよね。

でも、お仕事の関係や学校のきまりなど、生活のなかで髪色を制限される環境も少なくありません。

そこで、今回は、黒髪をいかしたおしゃれショートスタイルを美容師の寺内槙太郎さんに教えていただきました。

黒髪のままでも重たく見えず、むしろカラーしないほうが素敵に見えるショートヘアばかりですので、髪色に制限がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1:スッキリとしたマニッシュスタイル

1つ目は、髪色が暗いからこそ耳周りや襟足がスッキリするマニッシュなスタイル。

重く暗く見えがちな髪色に対比するような柔らかさと透け感があるヘアスタイルです。

なんといっても骨格がきれいに見えるので、絶壁など骨格が気になっている方におすすめ。アゴのラインがすっきり見えるから逆に顔が小さく見えて首も長く見えます。

スタイリングも朝、ワックスを揉み込むだけで簡単。カッコかわいくなりたい方にぜひチャレンジしてほしいスタイルです。

2:あえて重くパツッとラインしたショートヘア

2つ目は、暗く重たく見えてしまう黒髪に、あえて重くパツッとラインしたショートヘアです。

黒髪の素材を思いっきりいかしてクールでカッコいいヘアスタイルに仕上がります。

襟足を短くすることで、よりメリハリがついてインパクトがでて◎。刈り上げても個性的なので、周りと差をつけたい人におすすめです。

3:黒髪×パーマで動きのあるスタイル

3つ目は、黒髪にパーマをかけて動きを出したスタイル。

この写真のように柔らかくクシュっとしたニュアンス系のパーマも可愛いし、好みでパーマの強さを変えてもよりエッジがきいておしゃれに見えます。

最初はナチュラルなニュアンス系がスタイリングしやすいと思うので、パーマ初心者のかたは柔らかくかけてみてください。

スタイリングは、水分が補給出来るようなスタイリングミストや、水を手につけてパーマを戻したあとに、あまり硬さがないオイル系のワックスやクリーム系のワックスで全体を揉み込むようにすれば簡単に完成しますよ。

 

重く暗くなりがちな黒髪でもおしゃれでかわいいヘアスタイルになります。むしろ明るくする方が多い中で、黒髪でショートは褒められるヘアスタイルですよ。

“オシャレ上級者”といったイメージが強いかもしれませんが、思うほど敷居の高いヘアスタイルでは全然ありません! 日本人らしい黒髪を楽しんで、このシーズン人と差をつけるのも手かもしれないですね!

なりたいスタイルに黒髪があうかどうかは担当の美容師さんと相談して決めてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

仕事柄染められない…!明るくしなくても「気分と印象が変わる」ヘアカラー3選

暑苦しさから解放!美容師がこの夏おすすめする「スッキリショートヘア」3つ

意外と盲点だったかも!? 美容師に聞いた「梅雨にすべきヘアケア」3つ(AD)