GATTA(ガッタ) > Hair > 失敗しない!美容師に聞いた「透明感のあるショートボブ」のオーダー方法
ショートボブの耳かけスタイリング
hair

失敗しない!美容師に聞いた「透明感のあるショートボブ」のオーダー方法

2020.07.02 20:30

夏になると、夏の暑さに負けない“透明感のあるショートボブ”にイメチェンしたくなりますよね。

そこで今回は美容師の堀江昌樹さんに、透明感のある“ショートボブ”に仕上がるオーダー方法を教えてもらいました。カット・カラー・スタイリングの3つの視点でご紹介しているので、美容師さんにオーダーするときの参考にしてくださいね。

透明感を演出する「カット」に近づく3つのポイント

ボブ1

出典: GATTA

(1)ウエットカット

“ウエットカット”は前下がりシルエットのこと。やや前下がりにカットをしてもらうことで、ぱつっと毛先のそろったカットラインが際立ちます。

さらに、お顔の面積を狭めるので、小顔効果にもつながりますよ。

(2)ドライカット

ドライカットは髪と髪の間に隙間を入れること。髪に束感・抜け感がプラスされ、コンパクトでまとまりのあるスタイルが表現できます。

また、後頭部や耳周りの毛量を少なくすることによって、日々のセルフスタイリングの再現性が上がります。毎日美容室でセットしたかのようなスタイリングを楽しんで!

(3)前髪

抜け感と束感をつくったあとは、前髪は少しワイドに仕上げてもらいましょう。目の存在が強まり、ぱっとお顔の印象が明るく!

シースルーの軽さとワイドバングの厚みをかけあわせることで、モードっぽいスタイリッシュな印象に仕上がり、何もしなくても垢抜けた雰囲気を演出しやすくなりますよ。

染めたてと色落ちの2度楽しめるヘアカラー

オリーブカラーのショートボブ

出典: GATTA

「ナチュラルな雰囲気でも、透明感がほしい」「攻めすぎず、シンプルなシルエットでも垢抜けた印象を演出したい」というお客様が多いです。

そんななかで最近オーダーの多いカラーが“オリーブカラー”。攻めすぎないオリーブとナチュラルなブラウンを混ぜてつくる透明感が、髪の毛特有の赤みやオレンジ味を消してくれるので、透き通った雰囲気を演出しやすくなります。

オリーブカラーの魅力は透明感を演出することだけでなく、色落ちがきれいなところも。オリーブカラーが赤みを消しながら色落ちしてくれるので、色落ちしたあとも派手な印象を与えにくいです。オリーブカラーは染めたて・色落ちの2度楽しめるカラーとしておすすめ!

一瞬で朝の準備が完了する「簡単スタイリング」

ボブ2

出典: GATTA

今回ご紹介したカットは、オイルとバームの両方を根本からつけるだけで、コンパクトにかつスタイリッシュに仕上がるスタイリングの簡単さも魅力。スタイリング剤をしっかりつけることで、朝のシルエットが夜までキープできます。どんな系統のファッションにも似合う万能ヘアスタイルですよ。

スタイリングは耳に髪をかけるだけでOK! 前髪の印象と目力がさらに際立ってくれるので、マスク生活の今の時期には特におすすめです。耳にかけるだけなので、難しいテクニックはいらないのがうれしいですね。

 

カットやカラー次第で、透明感は誰でもつくりだせます! 次回美容室に行くときの参考にしてくださいね。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

⇒こんな記事も読まれています

この夏染めるならコレ!美容師おすすめ「オーダー増加中ヘアカラー」3選

スタイリング不要!? 美容室クオリティが毎日叶う「垢抜けショートヘア」3つ

意外と盲点だったかも!? 美容師に聞いた「梅雨にすべきヘアケア」3つ(AD)