GATTA(ガッタ) > Beauty > 正しくできてる?今さら聞けない「シートマスク」使い方の基本
フェイスマスク
beauty

正しくできてる?今さら聞けない「シートマスク」使い方の基本

2020.06.27 20:00

スペシャルケアの定番アイテムといえば”シートマスク”。

シートマスクでケアをした翌日は、お肌もプルプルでメイクのりも良くなるはずなのに、イマイチ効果が感じられない……という方、もしかしたらシートマスクの使い方や手順を間違えているかも。

今回は、美肌研究家の杉本由美さんに、シートマスクでスキンケアをするときの基本を紹介していただきました。

シートマスク前の「保湿」は常識

これは基本中の基本ですが、洗顔後すぐにシートマスクをつけるのではなく、いつも使用している化粧水で肌を整えてからにしましょう。

スペシャルケアやシートマスクのほとんどは、先に肌を整えてからシートマスクをのせることで、シートマスクの美容成分を正しく効率よく肌に届けることができます。

「乾く前に外す」は鉄則!

せっかくスペシャルケアをするなら、効果をしっかり実感したい! と思い、やってしまいがちなNG行為が、シートマスクが乾くまで肌にのせること。

どんなに高い美容効果が期待できるシートマスクでも、乾くまで肌にのせていては、美容成分どころか肌の乾燥を招き、逆効果になってしまうのです。

シートマスクは乾いてしまう前に外すのが鉄則。どの程度で外せばいいかわからないという人は、5分程のせたら外しましょう。一般的なシートマスクだと、5分でもスペシャルケアとしての効果は期待できるはずです。

どうしても5分では足りない気がするなら、シートマスクの上からクリームをのせ、潤いや美肌成分を逃がさないように5分待つなど、効率のよいケアをしてみては?

「クリーム」をきちんと活用すべし

スキンケアで肌を保湿したり美容成分を与えたたりした後は、クリームで速やかにフタをするのは基本。

もちろん、シートマスクをした後も同様ですが、実はちょっとした落とし穴が。

シートマスクは目元や口元は穴が空いており、その部分はシートマスクで覆うことができません。何もせず放置してしまうと、肌は乾いてしまい乾燥を招いてしまいます。

そのため、その周辺はシートマスクをする前にスキンケアを完成させるのがおすすめ。クリームでフタをしたうえから、シートマスクをのせても問題ないので、目元や口元などの乾燥を防ぐケアはきちんと意識しておきましょう。

 

肌を美しく保つために、毎日のスキンケアに加えてシートマスクをスペシャルケアに使用している人は少なくありません。しかし、正しい使い方ができていない場合は、せっかくのケアが水の泡になってしまうことも。

せっかくなら効率良く、より効果が実感できる方法でケアできるとよいですよね。この機会に、ぜひ見直してみてくださいね。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

⇒こんな記事も読まれています

乾燥知らずのうるおい肌へ!夏でも快適に使える保湿&美白アイテム5選

気になる毛穴汚れに!爽やかな使い心地がクセになる「プチプラ洗顔コスメ」3つ

スタイリング要らず!? 美髪を目指すために「夜に仕込んでおきたい」ヘアケア(AD)

【画像】
Pangaea、PanKR、freeangle / PIXTA(ピクスタ)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」