GATTA(ガッタ) > Bodymake > 代謝UPを目指す!インナーマッスルを鍛える簡単おうちエクサ
17553
bodymake

代謝UPを目指す!インナーマッスルを鍛える簡単おうちエクサ

2020.06.20 21:00

昔より食べる量は少ないのに、なぜか「食べた分がそのまま体につきやすくなってしまった……」と感じた経験はありませんか?

もしかして、代謝の低下によって、食べたものをエネルギーに変え、脂肪を燃焼する力が弱くなってしまったからかも。

そこで今回は、ヨガインストラクターのNATTYさんに代謝アップを目指すエクササイズを教えてもらいました。おうちにいながらインナーマッスルを鍛え、太りにくく、痩せやすい体を目指しましょう!

動画を見ながら…LET’S TRY!

(1)手を肩の下に置き、股関節の下にひざをついて四つん這いになります。

(※このとき両ひじを内側に向けて、中指が中心になるように大きく指を開きましょう。)

(2)背中をまっすぐにしたまま、右手を前に伸ばし、左脚をうしろに伸ばしましょう。

(3)バランスをとりながら、吐く息で伸ばしているひじとひざを近づけます。

(4)吸う息で手足を伸ばします。

(5)3~5回程度繰り返したら、反対も同様に行ってください。

(6)次に手の位置はそのまま、脚を後ろに伸ばして、プランクの姿勢をとりましょう。

(7)片脚ずつ交互に持ち上げて、吐く息でひざをひじに近づけます。

(8)3~5回程度行いましょう。

(9)そのままお尻をななめうしろに引き上げ、体の背面をしっかり伸ばして呼吸します。

(10)そしてひざ、胸、あごを下ろしながら、ひじを伸ばし、胸を引き上げ、お腹や胸の前側を伸ばしましょう。

(11)ゆっくりポーズを解放します。

ポーズをとるときのコツ

・深い呼吸を意識しましょう。

・肩や首周りの力を抜きましょう。

・頑張りすぎず、リラックスした状態で行いましょう。

・背中が丸くならないように注意しましょう。

・お腹を締めたまま動きを行ってみましょう。

・ひじの内側が正面に向かないよう、注意しましょう。

・“猿手”と呼ばれる腕の形は、怪我の原因になるのでNG。

おすすめポイント

腕で支えようとするのではなく、全身の筋肉を使って体を支える意識で行うことがポイント。

そして、深い呼吸はしなやかな筋肉をつくることに必要不可欠です。呼吸に合わせて体を動かし、痩せやすい体を目指しましょう。

 

続けることで、体にも心にも少しずつ変化がでてくるはず。自分の体調と相談しながら、できる範囲でチャレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

今が痩せどき!? 下腹の引き締めを目指す「1ヵ月集中型ダイエットエクサ」

おうちでできる!プロが教える「手軽な有酸素運動」でダイエットを目指す

おうち時間どう使う?美容ライターがリアルに愛用してるお手軽ケアアイテム(AD)

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。