GATTA(ガッタ) > Bodymake > 運動量UP!? ちょっとした4つのコツで効率的なウォーキングを目指す
ウォーキング3
bodymake

運動量UP!? ちょっとした4つのコツで効率的なウォーキングを目指す

2020.06.18 20:00

自粛期間中に、運動不足を懸念してウォーキングの習慣が定着した方もいるのではないでしょうか? はたまた、コロナ太りが気になるから、そろそろ運動をしたいなと感じている方もいるはず。

せっかくウォーキングをするなら、なるべく運動量を高めたいですよね。

今回はヨガインストラクターのyuukaさんにウォーキングの運動量UPを叶えるポイントを紹介していただきました。

1:股関節から脚を動かす

ウォーキングで効率よく運動量をあげるには、姿勢が大切です。歩いて運動しているのに脚がむくんだり、余計に脚がごつくなっているような気がしたりする場合は、脚に負荷がかかりすぎているかもしれません。

大切なのは、お腹を引き伸ばして股関節から脚を使うように歩くこと。脚の力を抜いて、脚を蹴り出すように歩くと、脚の負担が減ります。

2:上半身の真上に頭を乗せる

猫背の姿勢や前のめりの姿勢で歩いていると、これまた脚の負担だけが大きくなり、全身の筋力をうまく使えません。

歩くときは胴体をまっすぐにして、その上に頭を乗せるようにしましょう。目線は遠くへ。それだけで姿勢が整って、歩くときもスピードが上がります。

3:腕は後ろへ振る

歩くときは体の後背部をしっかり使っていきたいものです。背筋、腹筋、脚の後ろ側を効率よく使うためには、腕を後ろに振るようにして肩甲骨を動かしながら歩きましょう。

肩こりなども軽減され、腕を後ろに振ることにより全身をうまく使って歩くことができるので運動量UPが期待できます。

4:歩く前のひと手間エクササイズをプラス

ウォーキング

出典: GATTA

肩甲骨の動きをよくすることで、背筋を効率よく使って歩くことができます。そのために肩甲骨周りの筋力を整えるエクササイズを加えましょう。

ウォーキング2

出典: GATTA

(1)両脚を前後に開きます。

(2)両手に500ミリリットルのペットボトルを持ちます。

ウォーキング3

出典: GATTA

(3)上体を前かがみにして前方をみます。ひじを軽く曲げ、両腕を交互に後ろへ振りながら肩甲骨を動かしましょう。

(4)20回程度振ります。

(5)脚を入れ替えてさらに20回振りましょう。

 

ウォーキングの前の一手間エクササイズで、効率よく全身を使って歩けるようになります。ぜひ4つのコツを取り入れてウォーキングを楽しんでくださいね。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

⇒こんな記事も読まれています

これだけで運動量UP!? プロ直伝「ウォーキング前」に取り入れたいストレッチ2つ

1分でできる!ぽっこりお腹の引き締めを目指す「おうちダイエット」エクササイズ

おうち時間どう使う?美容ライターがリアルに愛用してるお手軽ケアアイテム(AD)

【画像】
lzf / shutterstock

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」