GATTA(ガッタ) > Interior > たった3つ意識するだけ!センスがなくても「おしゃれな部屋づくり」を叶えるコツ
配色が整った部屋
interior

たった3つ意識するだけ!センスがなくても「おしゃれな部屋づくり」を叶えるコツ

2020.05.30 20:00

おしゃれな部屋づくりにはインテリアセンスが必要だと思われている方が多いかもしれません。でも実は、センスがなくてもおしゃれな部屋を叶えることはできるんです。

今回は、整理収納アドバイザーのnonさんにインテリア初心者さんが意識すべき部屋づくりのコツを教えていただきました。

1:どんな部屋にしたいかイメージする

シンプルなリビングの画像

出典: GATTA

おしゃれな部屋づくりで一番重要なのは”どんな部屋にしたいか”です。

北欧インテリア、モダンインテリア、ナチュラルインテリア、ヴィンテージインテリアなど、たくさんのテイストから好きなテイストを決めたらなるべく他のテイストを混在させないことが重要。

家具を買い揃えてしまっている場合は、家具に合わせてテイストを決めるのもひとつです。

2:3色のカラーと配分を意識する

リビングのソファとクッションの画像

出典: GATTA

インテリアの色と配分を意識するとセンスに自信がなくてもインテリア初心者でも簡単におしゃれに見せることができます。

配色の黄金比は、壁・天井・床などの”ベースカラー”が70%、家具・カーテン・ラグなどの”テーマカラー”が25%、クッション小物などの”アクセントカラー”が5%。

筆者宅のリビングは、壁や天井の白をベースにテーマカラーはベージュや生成りなどの淡い色、アクセントカラーは観葉植物の緑にしています。

ちょっとした小物だから……と、これまで色を意識せずに気軽に購入されていた方は、今後のお買い物では色を意識するといいですよ。

3:「フォーカルポイント」を意識する

シンプルインテリアのリビングの画像

出典: GATTA

部屋の中で視線が集中する場所や、入り口からまず目に入る場所を”フォーカルポイント”と言います。たとえば、部屋の入り口の対角線上、玄関のニッチ、和室なら床の間などがそれにあたります。

”フォーカルポイント”はその部屋の印象を大きく左右します。もし散らかっているなら、まずはすっきり片づけましょう。

片づいたら、お気に入りの雑貨や絵画、観葉植物やお花を飾るのもおすすめです。小物を飾るセンスに自信のない筆者は観葉植物を飾っていますよ。

 

お部屋づくりはセンスではなく、コツをつかめば初心者さんでもおしゃれな部屋をつくることができます。ぜひ、参考にしてみてください。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

⇒こんな記事も読まれています

部屋をキレイに保ちたい!片付けを習慣化する「シンプルな3つのコツ

こんな使い道あったの!? プロに聞いた「無印良品のファイルボックス」活用術4つ

いつまで後回しにするの?新生活をきっかけにはじめたい「30代からの自分磨き」3つ(AD)

【画像】
Demkat / shutterstock