GATTA(ガッタ) > Hair > セルフケアがダメージを加速させてるかも!? 美容師に聞いた「NGヘアケア」11選
トリートメントをする女性
hair

セルフケアがダメージを加速させてるかも!? 美容師に聞いた「NGヘアケア」11選

2020.05.25 20:30

最近おうちにいる時間が増え、本格的にセルフケアを始めた方も多いのではないでしょうか? 毎日ヘアケアをしていても髪の悩みが減らない人は、ヘアケアの方法が間違っている可能性があるかもしれません。

そこで今回は、時間がある今だからこそ見直したい“NGヘアケア”をご紹介します。ダメージ髪からうるツヤ髪へ!

NG1:熱いシャワーで髪を洗っている

髪を洗う女性

出典: GATTA

シャワーの温度を高く設定している方も多くいらっしゃると思います。しかし、熱いシャワーは髪の毛の乾燥の原因となる可能性が高いのです!

熱い温度のお湯は皮脂を落としやすくしますが、頭皮が乾燥すると皮脂が不足していると捉えられて、皮脂が過剰に出ててべたつきの原因になることが。

シャンプーの際のシャワーの温度は体温に近い35〜40度が適温ですよ。

【もっと詳しく】
シャワーの温度は?美容師が教える「パサパサ髪」を招くNGヘアケア3つ

NG2:トリートメントを過剰に使う

トリートメント

出典: GATTA

髪がパサついているからと、トリートメントをたくさん使っている人もいるのでは?

実は“使えば使うほどよい”というものではないのです。たくさんつけても効果は変わらないので、使用量や頻度は各商品の説明を守ってください。それでも改善しない場合には美容師さんにアドバイスをもらいましょう。

【もっと詳しく】
実は逆効果!? 美容師が教えるNGヘアケア&正解ケア3つ

NG3:トリートメントの“塗布ムラ”がある

トリートメントをする女性

出典: GATTA

髪のダメージケア効果が期待できるトリートメントですが、髪にただつけるだけでは、髪の補修がうまくできていない場合があります。

トリートメントのつけ方で1番起こりやすい失敗が“塗布ムラ”です。とくに毛量の多い方は注意する必要があります。

“塗布ムラ”を防ぐためには、濡れた髪を4つに分け1ブロックごとにしっかりとトリートメントを塗布するのがポイント。

ブロッキングをとることでトリートメントが、髪全体にムラなく塗布することができますよ。

【もっと詳しく】
あなたの髪は大丈夫?美容師が教える「おうちヘアケア」のコツ3つ
1,500円以下&ドラッグストアで買える!美容師が選ぶダメージケアアイテム(AD)

NG4:髪質に合ってないトリートメントを使っている

トリートメントをする女性

出典: GATTA

髪の毛が乾燥しているからと、なんでも良いからトリートメントを使えば良いというものではありません! 乾燥やダメージにもレベルがあるのです。

軽度のダメージ毛の方がハイダメージ用のトリートメントを使うと栄養を吸収しきれず、逆にパサパサになることや髪の毛が乾きにくくなることも……。

髪の乾燥やダメージは自分に合ったレベルのトリートメントを使うのがポイントです。

【もっと詳しく】
逆にゴワゴワ髪に!? 美容師が教える「やってはいけないNGヘアケア」3つ

NG5:トリートメントを軽く流す

髪を手に取る女性

出典: GATTA

髪が乾燥しているとトリートメントを髪の毛に塗布して放置し、しっかりケアをする方は多いと思います。

トリートメントをするのはとても良いことなのですが、トリートメントはしっかり流せていますか?

しっかり流さないと毛穴に詰まることもあり、頭皮が荒れる原因にもなりやすいです! 髪の毛の手触りも逆に悪くなりますのでトリートメントはしっかり流すことを意識してください。

【もっと詳しく】
シャワーの温度は?美容師が教える「パサパサ髪」を招くNGヘアケア3つ
美容師に聞いた!みんなが知りたい「30代からのNG・正解ヘアケア」(AD)

NG6:リンスの後にトリートメントをする

髪を洗う女性

出典: GATTA

シャンプーをしたあと、リンスやトリートメントをすると思います。どのような順番で使っていますか? 実は間違っている人も多いので要注意です。

リンスは髪の表面に皮膜をつくり手触りを良くしてくれます。トリートメントは髪の内部に栄養を運び、傷んだ髪を修復してくれるといわれています。

そのため、トリートメントのあとにリンスをするのが効果的ですよ!

【もっと詳しく】
ヘアオイルだけじゃダメ!? 美容師が教える「NGヘアケア習慣」3つ

NG7:洗ってそのまま髪を乾かす

オイルを手に取る様子

出典: GATTA

タオルドライをしたあと、ケアアイテムは使っていますか? 「重くなる」といって、洗い流さないトリートメントを使わないという人は多いのではないでしょうか。

しかし、髪を乾かす前にケアアイテムを使わないと、熱のダメージを直接受けてしまうのでおすすめしません。

ドライヤーやアイロンを使う前には、洗い流さないトリートメントを使用しましょう。

【もっと詳しく】
実は逆効果!? 美容師が教えるNGヘアケア&正解ケア3つ

NG8:自然乾燥をさせる

【もっと詳しく】
逆にゴワゴワ髪に!? 美容師が教える「やってはいけないNGヘアケア」3つ
おうち時間どう使う?美容ライターがリアルに愛用してるお手軽ケアアイテム(AD)

NG9:シャンプー後のすすぎが甘い

シャンプーで髪を洗ったあと、なんとなくすすいですぐにトリートメントをつけていませんか? シャンプー後はしっかりとすすぎましょう。

市場で多く販売されている高級アルコール系のシャンプーの場合、すすぎが不十分だと、頭皮や髪に残った成分が酸化して不純物となります。そのままの状態を放っておいてしまうと髪の柔らかさや滑らかさを損なってしまうことになりかねません。

その後つけるトリートメントの効果も発揮しにくくなるので、シャンプー後のすすぎは必ずしっかりと行うようにしましょう。

NG10:トリートメントを頭皮中心につける

シャンプー後にトリートメントをつけるときも、方法を間違えないようにしましょう。

トリートメントは基本的に、髪の内部に髪の主成分であるタンパク質をおくること、髪の表面をコーティングして手触りを良くすることが目的。ダメージの多い毛先を中心にトリートメントをつけてあげましょう。手で揉み込むようにしてつけるのがおすすめです。シャンプーのときとは違い、すすぎ過ぎないのもポイント。

【もっと詳しく】
やりがちだけど実はダメ!美容師に聞いた「お風呂でのNGヘアケア」3つ

NG11:オイル系のトリートメントを使う

手触りをよくしたい方や、広がりを抑えたい方は、髪を乾かす前にオイルタイプのトリートメントを使っている方が多いと思いますが、髪をケアするという意味ではNG。

オイルタイプのトリートメントは髪の表面をコーティングする効果は高いですが、髪の内部に浸透して髪に栄養を補給する効果は期待できません。夜のお風呂あがりには、なるべくミストタイプもしくはクリームタイプのトリートメントを使いましょう。寝ている間に髪の内部まで浸透させるのが正解です。

オイルタイプのトリートメントは朝出かける前にスタイリング剤として使うほうがよいでしょう。

【もっと詳しく】
えっ、ダメだったの!? 美容師に聞いた「お風呂あがりのNGヘアケア」3つ

 

今日からでも始められそうなケアもたくさんありましたね。ヘアケアを見直して、有意義なおうち時間を過ごしましょう!

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
※mysticlight、lenetstan、plprod、Zynatis、Stockshakir、puhhha、New Africa、Alliance Images / shutterstock、マハロ / PIXTA(ピクスタ)