GATTA(ガッタ) > Interior > 誰でも簡単すぐできる!プロに聞いた「洗面所をキレイに保つ」コツ4つ
洗面所
interior

誰でも簡単すぐできる!プロに聞いた「洗面所をキレイに保つ」コツ4つ

2020.05.08 20:00

洗面所は“突然の来客時に必ず見られてしまう場所”として、普段からスッキリとキープしたいもの。特に今は感染症予防で家族が頻繁に使うこともあり、汚れたりごちゃついたりしやすいのが悩ましいですね。できれば、常に掃除や整理整頓に追われることのない洗面所を根本からつくってしまうのが理想……!

そこで今回はインテリアブロガーのsumikoさんに、“気持ちのいい清潔なスペース”をキープしやすい洗面所づくりのコツを教えてもらいました。

1:空間を無駄にしがちな「洗面ボウル下収納」を徹底活用

洗面台下収納

出典: GATTA

洗面ボウルの下部の収納は、配管が収まっているなどで、棚板もなくポッカリとした空間であることが多いですよね。ストック品をただ放り込んでいるだけであったり、収納ボックスを使っていたとしても上半分部分は活用できていなかったり……なんていうご家庭も多いようです。

配管をうまく避けて棚板をDIYする方法もありますが、手間がかかるうえに、奥のほうは相変わらず使いにくいままになりがち。

そんな有効利用が難しい洗面ボウル下の収納には、引き出し式の収納ケースをつかうのがおすすめ! 引き出し収納なら奥まで引き出せて見やすいので、かがんで奥のほうから取り出す煩わしさがなく、いくつか組み合わせルことで収納内の高さも有効活用できます。

ケースの高さや幅の組み合わせを工夫して、無駄のないスペース利用にチャレンジしてみましょう。

2:モノ選びからこだわれば「出しっぱなし収納」でもOK

洗面所グッズ

出典: GATTA

何もかもキッチリと住所を決めて収納できれば、ごちゃつきのないスペースをキープしやすいもの。しかし、使うと濡れてしまう洗面所周りのグッズは、”乾かしながら”収納したいモノが多いので、出しっぱなしになりがちですよね。

ならばモノ選びの段階で、“カラフルすぎるものを避ける”、“ホワイトカラーで統一する”など、出しっぱなしにする前提でデザインにこだわるというも一つの手ですよ。

3:生活感が出やすい「洗濯物」は隠す工夫を

洗濯物収納

出典: GATTA

洗面所に洗濯機が置いてあるご家庭も多く、近くには洗濯物入れがドンと場所をとっていることも。そんな洗濯物入れには、洗ったそばから次々と家族の出す洗濯物が放り込まれてしまうので、空っぽでスッキリしている時間はほんのわずかなのが現実ですよね。

スッキリとした清潔な洗面所をキープするために、生活感が出やすい洗濯物が外から見えにくい素材の入れものにしたり、置く場所の高さも目線の行きにくい場所にしたりしましょう。

また、思い切って収納の中など見えない場所に設置できたら、一日中ストレスフリーになるはず!

4:「水垢対策」は一日一回の拭き掃除だけでOK

水垢掃除

出典: GATTA

コンパクトな洗面所では、どうしても至近距離で見えてしまう蛇口まわリや鏡などの汚れが目につきやすいのも悩ましいですよね。そんな面倒に感じる水垢掃除も、実は一日に一度でも水気をしっかり拭きとってあげれば、水垢の堆積を予防できるものなんです。

気軽に拭き取れるものを手の届く場所に置く、もしくは毎朝の洗面所のタオルの交換のついでに、”古いタオルで全体を拭く”といったルーティン掃除ができれば十分ですよ!

 

このような少しの収納の工夫と日々の掃除のルールだけで、いつの間にか整った洗面所になる基盤ができます! 気合いを入れて掃除をしなくても、自然に清潔な空間がキープできる……そんな洗面所空間にしたいですね。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

⇒こんな記事も読まれています

部屋をキレイに保ちたい!片付けを習慣化する「シンプルな3つのコツ」

かさばる日用品もスッキリ!収納上手が教える「ストック品の収納法」3つ

いつまで後回しにするの?新生活をきっかけにはじめたい「30代からの自分磨き」3つ(AD)