GATTA(ガッタ) > Bodymake > 固まった体をほぐしたい!簡単で続けやすい「5分間柔軟ストレッチ」3つ
ほぐし
bodymake

固まった体をほぐしたい!簡単で続けやすい「5分間柔軟ストレッチ」3つ

2020.05.07 20:00

おうち時間が増え、運動不足になっていませんか? 体が固まってコリを感じたり、動かしにくかったりする体は、日頃からしっかりほぐす習慣をつける必要があります。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、柔軟の基本となる前屈、後屈、ねじりの3パターンのストレッチを教えてもらいました。どれも5分程度で簡単にできるものばかりなので、早速今日から挑戦してみて!

1:腰が疲れたときにやりたい「お尻ストレッチ」

腰まわりの疲れや重だるさ、痛みは姿勢の崩れが原因の場合があります。固まっているお尻をほぐしてスッキリさせましょう!

ほぐし2

出典: GATTA

(1)床に座って、ひざを曲げます。

(2)右脚のひざの上あたりに、左の外くるぶし側をあてるようにのせます。

(3)左の脚を外側へ開きます。

(4)腰を丸めないように両腕で支えます。脚とお尻が伸びた状態をキープしましょう。

ほぐし3

出典: GATTA

(5)息を吸います。息を吐きながら、お腹を脚に近づけていきましょう。腰を丸めないように意識しながら、前屈姿勢になります。

(6)20秒ほどキープしましょう。3セット行い、反対側も同様に行います。

2:背中のハリや肩こりにアプローチ「後屈ストレッチ」

ほぐし5

出典: GATTA

(1)壁に両腕をついて肩幅に開きます。

(2)ひじが伸びる程度、壁と腹を離したら、さらにそこから2歩ほど後ろへ下がります。

(3)息を吸います。

(4)息を吐きながら上体を下げていき、両腕の間に頭を下ろしていきましょう。

(5)太ももの裏側、ふくらはぎ、背中が伸びる位置で20秒キープします。3セット行いましょう。

3:ねじるだけでOK「お腹まわりのストレッチ」

ほぐし3

出典: GATTA

(1)床に座ります。右脚を前方へ伸ばし、左脚のひざを曲げ、足先を右脚の外側へおきましょう。

(2)右手で左脚を支え、上半身をまっすぐに伸ばします。

(3)息を吸いながら、左腕を前方へ伸ばします。

ほぐし

出典: GATTA

(4)息を吐きながら、胴体を左方向から後方へとねじり、左腕をお尻の後方へつき支えます。

(5)深い呼吸をしながら、20秒ほどキープします。反対側も同様に行い、2セット続けましょう。

 

全てをセットで行うとよりスッキリしますが、気になるものを1ポーズずつ行うだけでもリフレッシュにつながりますよ! 固まった体をしっかりほぐしていきましょう。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!

⇒こんな記事も読まれています

おうちに居ながらほっそり脚を目指す!寝たまま2分でできる「美脚エクサ」

体が硬くても大丈夫!固まった「肩甲骨」をほぐす1分間ストレッチ

思わず見せたくなるうるすべ肌に!美容ライターが驚いた「新感覚ボディケアグッズ」(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」