GATTA(ガッタ) > Interior > 買う前によく考えて!プロが実際に買って失敗した「家具&収納グッズ」5つ
GATTA
interior

買う前によく考えて!プロが実際に買って失敗した「家具&収納グッズ」5つ

2020.05.06 21:30

外出を控える今こそ、店舗に行かなくても家具が買えるネット通販は便利ですよね。

しかしそんなネット通販で、イメージや雰囲気だけで買ってしまい、後悔した経験のある人も多いのでは?

そこで今回は、収納のプロの体験談から、モノ選びの際に気をつけるポイントをご紹介します!

1:ラグマット

GATTA

出典: GATTA

1つ目は、デザイン的に落ち着いたカラーリングであるコルクマット。

ですが、2〜3年使っているうちに汚れが目立ったり、置いた家具の重みでマットが変形して接続部分に隙間が空いてしまったりすることがあります。

GATTA

出典: GATTA

そんなときにおすすめなのが、タイルカーペットです。オフィスでも使われるものなので耐久性がよく、汚れたときには水洗いもできます。

このように、デザイン性だけではなく、“耐久性やメンテナンスの部分も考慮してモノ選びをすること”が大切です。

【もっと詳しく】
買い物で後悔しないために!プロが実際に買って「失敗した家具」3つ

2:ポールハンガー

GATTA

出典: GATTA

2つ目は、ポールハンガーです。

「子どもグッズなどをたくさん掛けられて便利そう」と思いますが、実際に使ってみると、多くの問題があります。

たとえば、

・たくさん掛けてしまうとポールがゴチャついて見苦しい
・下の方の荷物が取りづらい
・重たい荷物を掛けると倒れてしまうことがある
・子どもが取り出したり掛けたりしづらい

といった点です。

小ぶりなバッグ、ストールや帽子などを“見せる収納”として、少しだけ掛けるぶんにはおしゃれに見えますが、安易にポールハンガーを使ってしまうと、どんどんちょい掛けが増えてしまいゴチャついた収納になりがちです。

GATTA

出典: GATTA

そんなときにおすすめなのが、オープンラックです。スペースの都合もあるので置けない場合もあるかと思いますが、かさばるものをたくさん収納したいときは、できるだけ吊るす収納ではなく置く収納にした方が出しやすく見栄えもよくなります。

3:衣装ケース

GATTA

出典: GATTA

3つ目は、深さと奥行のある衣装ケースです。

サイズの分たくさん入るものの、奥のほうは取り出しづらく、服がローテーションしづらい収納になってしまっています。

一般的な衣装ケースは、大体高さが18cm・24cm・30cmの3パターンあるのですが、ほとんどの洋服は18cmか24cmで事足りるため、30cmはあまりおすすめしません。

「たくさん入りそう」という理由で30cmのケースを持っている方は多いかと思いますが、出し入れのしやすさを考えると奥行が深すぎず、高さも24cmくらいまでの衣装ケースを選ぶのがベストです。

【もっと詳しく】
買う前によく考えて!実際に使ってわかった「扱いづらい」収納家具3つ

4:突っ張り棒

GATTA

出典: GATTA

4つ目は、100均収納グッズの突っ張り棒です。

隙間やデッドスペースに収納を作るのに便利な突っ張り棒ですが、耐荷重が合わず落ちてしまったり、狭い隙間に無理やり収納を作る場合、かえって取り出しづらくなってしまったりすることがあります。

そのため、購入の際は

・収納したいものの重さを考慮する
・出し入れするのに無理がないかよく考えてから買う

ということが大切です。

5:カゴやケース

GATTA

出典: GATTA

最後は、100均収納グッズの、かわいいカゴやケースです。

見た目重視でかわいいカゴのバスケットを買ってしまうと、上の写真のように中途半端な並びにになってしまいます。

そのため、見た目だけで一目惚れして勢いで購入する際に、

・サイズがぴったり合うものを選ぶ
・余計な隙間が空かないかチェックする

というのが大切です。

【もっと詳しく】
買って一度も使わない…なんてことも!? 100均の「要注意」収納グッズ3つ
思わず見せたくなるうるすべ肌に!美容ライターが驚いた「新感覚ボディケアグッズ」(AD)

 

このように、手軽に買える便利なネット通販だからこそ落とし穴もあるんです。

収納家具を検討中の方は、今回取り上げたモノ選びのポイントを参考に、ぜひ一度じっくり考えてみてから購入してみてくださいね。

レシピ、ヨガ、収納テク……「#おうち時間」を楽しむ方法まとめ!


※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。