GATTA(ガッタ) > Leisure > 知らなかった!トラベルライターが教える「荷物をコンパクトにまとめる」コツ5つ
スーツケースの中身
leisure

知らなかった!トラベルライターが教える「荷物をコンパクトにまとめる」コツ5つ

2020.04.17 21:30

日頃から、旅行を楽しみに毎日を頑張っている方も多いはず。なかなか外出ができない今は、次回の旅をもっと楽しむためのアイデアを集めておくのはいかがでしょう。

そこで今回は世界を旅するトラベルライターの石原有起さんに、知っておくと便利な“パッキング術”を教えていただきました。

1:洋服は棒状に巻いて収納

スーツケースに洋服を入れるとき、洋服は畳むのではなく、クルクルと巻いてふんわり詰めるのがポイント。化学繊維のワンピースなどシワになってもいい服を芯にして丸めると、棒状にしやすいのでおすすめです。

2:化粧品は現地で捨てられるものを持参

旅には、普段持て余しがちな試供品の出番! シャンプやコンディショナー、化粧品類は、使い捨てができるアメニティや試供品にすると、使用後に捨てられるので便利です。帰りの手土産のスペースを確保しやすくなりますよ。

ただし、試供品類は通常サイズの化粧品より一般的に使用期限が短いため、できる限りスムーズに使い切るようにしましょう。

3:靴はとにかく量を厳選

靴はなかなかコンパクトになりにくいので、まずは数を厳選することが得策です。たとえば、現地で町歩きにも、レストランに行くときにも使えるものなど、なるべく複数のシーンに使えることを想定して、持っていく靴を選びましょう。

また収納のコツは、使い捨ての透明シャワーキャップに、スニーカーなどは一足ずつ、サンダルなどは二足一緒に入れて、そのあと薄手の布袋に入れること。小さいスペースでもおさまりやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

4:ガジェット類は周辺機器を軽くする工夫を

最近ではスマホ、カメラ、タブレット端末にPC、そして各アイテムの充電器……と、かなりガジェット関係の荷物が増えがちに。でも、なかなか減らしにくく、手荷物で持ち歩くものも多いので、重さを感じやすいですよね。

そこで、周辺機器をできるだけ軽くする工夫をしてみましょう。

いくつかの機器を同時に充電できる大容量のモバイルバッテリーやミニ三脚など、いくつかの機能をコンパクトにおさめたツールが今はたくさんあります。旅になかなか出かけられない時期こそ、インターネットで小さく軽い周辺機器を探すチャンスですよ!

5:スーツケースの重量を見直して

スーツケース

出典: GATTA

意外と盲点なのが、スーツケースの重さ。スーツケースの素材や搭載機能によって、実は重量には大幅な差があります。愛用スーツケースの状態や重量を確認し、軽いサイズへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

楽しみな旅行のことを考えて荷物をパッキングしていると、ついついあれもこれも持って行きたいと大荷物になってしまいますよね。でも時間のあるときに、持ち物を見直しておけば、次に行く旅の荷物がグッとコンパクトになるはず!

⇒こんな記事も読まれています

電子マネーに換えられる!? トラベルライターが教える「余った外貨」の活用術

実は旅行以外でも役立つ!? 「普段も使える」優秀トラベルグッズ3選

いつまで後回しにするの?新生活をきっかけにはじめたい「30代からの自分磨き」3つ(AD)

【画像】
Kostikova Natalia,Mongta Studio / Shutterstock