GATTA(ガッタ) > Hair > ふんわりヘアを一日キープ!髪がペタンとなりにくい「ショートヘア」3選
hair

ふんわりヘアを一日キープ!髪がペタンとなりにくい「ショートヘア」3選

2020.04.15 21:00

スタイリングをしても、すぐに髪がペタンとしてしまう、髪にボリュームが出ない……そんなお悩みをお待ちの方も多いのではないでしょうか。

美容師の今泉孝記さんによれば、“ショートヘア”にすることで“理想的な髪のボリューム”が叶いやすくなるんだとか。というわけで今回は、今泉さんおすすめの“ふんわりショートヘア”をいくつかご紹介します。

自然な女性らしさが魅力「丸みショート」

コンパクトながら丸みのあるショートヘアは、女性らしさがありつつも柔らかい雰囲気に。

この髪型は、ヘアスタイルの表面や顔まわりにレイヤーが入っているため、スタイリングしたときに簡単にふんわり感が出せますよ。

髪を耳にかけたときに、前髪が後ろの髪と自然につながるようカットすることで、収まりの良い髪型に。

自然な柔らかさの「ショートボブ」

ショートヘアらしい雰囲気を残しつつ、短すぎない仕上がりが魅力的な“ショートボブ”。

ナチュラルに長さのあるショートボブは、ショートヘアにチャレンジするのが不安な方でも挑戦しやすい髪型です。

えりあしがグッと締まるようにカットすることで、トップがふんわりして見えます。髪を乾かすだけでもこの状態に仕上がるので、ショートヘアのスタイリングが上手くいかない……なんて方にもおすすめです。

大きめパーマで「ゆるショート」

こちらは、ゆるく大きめのパーマをかけたショートスタイル。ふんわりとしたヘアスタイルをキープするには、やはりパーマは強い味方です。

どんなパーマをかけたら良いのかは髪質によりますが、大きめパーマをかけたいときは基本的に“デジタルパーマ”がチャレンジしやすいでしょう。

乾かしたあとにオイルやワックスを揉み込むだけでもこなれ感のあるふわふわヘアに仕上がりますよ。

 

ボリュームのあるスタイリングがキープしやすいショートヘア。好みのスタイルを見つけられたらぜひ勇気を出してチャレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

ドライヤーで9割決まる!? 猫っ毛でも夕方までふんわりショートを保つコツ

美容室帰りの「ふんわりシルエット」をキープしやすいショートヘア6つ

美容師に聞いた!誰でも簡単に「うねりケア」が叶う優秀ヘアケアアイテム4つ(AD)