GATTA(ガッタ) > Beauty > 「なんとなく」はダメ!少しの違いでグッと垢抜ける「眉メイク」の正解テク8つ
beauty

「なんとなく」はダメ!少しの違いでグッと垢抜ける「眉メイク」の正解テク8つ

2020.03.07 21:00
出典: shutterstock

普段の眉メイク、なんとなくでやってしまっていませんか? しかし、眉は少しの違いで顔全体の印象を変えるほど重要なパーツ。

そこで今回は、普段やりがちな描き方や手順のNGポイントと正しいやり方をご紹介します。垢抜け眉毛を目指しましょう!

NG例1:眉頭から描く

1

出典: GATTA

やりがちなNG例の1つめは、眉頭から描き始めること。たかが描く手順と思いきや、意外と重要なポイントなのです。

眉頭はしっかりと描く物ではなく、馴染ませながらだんだん肌に馴染むように消していくもの。そうすることで自然な眉に見せることができるのです。

正解は?

眉尻から描きはじめ、だんだん眉頭に移行し眉頭の手前までを足していきます。そのあと眉頭の先端はぼかすように眉ブラシなどで馴染ませてあげると、眉頭が一番濃い失敗眉になるのを防ぐことができますよ。

また、最初に眉山を左右対称に合わせ、そのあと眉頭を合わせて間をつないでいくと左右対称の眉になりやすくなります。

NG例2:均一の濃さで描く

やりがちなNG例の2つめは、濃淡やグラデーションをつけず、しっかりと均一に描いてしまうこと。このように描いてしまうとのっぺりとした、いかにも描きました!という眉になってしまいあまり自然に見えません。

正解は?

濃淡をつけて描いてあげるととても自然な眉に仕上げられます。きれいな眉を描くポイントは眉山を一番濃く、眉尻、眉頭に消えていくように濃淡をつけることです。

【もっと詳しく】
「なんとなく」描いてない?プロが教えるNG眉メイク&正解テク3つ
SNSで話題沸騰中!この春大注目の「カスタマイズヘアケア」とは(AD)

NG例3:眉を描く部分のコンディションが悪い

やりがちなNG例の3つめは、スキンケアの残りが眉に付いている状態、またはフェイスパウダーがきちんとのっていない状態でメイクをはじめてしまうこと。このような状態ではパウダーが固まってしまい色は上手くのりません。頑張ってのせようとすると色が付きすぎてしまったり、ぼかせなかったりすることも。

また、スキンケアの油分や水分が肌にそのままのっている状態でメイクをすると、どうしても上からのせたものを安定させることが難しくなるため、眉が消えやすくなってしまいます。

正解は?

スキンケアは付きすぎないように気をつけたり、フェイスパウダーを軽くのせたりすることでカバーしていきましょう。

【もっと詳しく】
プロが教える!「眉メイク」が上手くいかない人に共通するNGメイク3選

NG例4:パウダーだけで仕上げる

やりがちなNG例の4つめは、薄眉の方がパウダーだけで仕上げようとしてしまうこと。パウダーだけでもOKなのは、自眉がしっかりしていて、色味を少し追加したい方のみ。

そもそもパウダーは、自眉に色をつけたり、アイブロウペンシルで描いた眉線をぼかすために使うアイテムなので、眉を描くには適していません。

正解は?

まず、アイブロウリキッドで土台をつくりましょう。 その後にリキッドで描いた眉に、アイブロウパウダーを重ねましょう。落ちやすい眉尻は、再度リキッドを重ねて、サンドイッチにするとより落ちづらくなります。

【もっと詳しく】
パウダーだけで仕上げるのはダメ?1日中消えない「眉」の描き方

NG例5:仕上がりの眉が短すぎる

1

出典: GATTA

やりがちなNG例、最後は短め眉で仕上げてしまうこと。短め眉は顔を大きく見せがちなんです。

眉が短いことで、こめかみまでの余白が広くなり、顔の横幅があるように見えてしまいます。

正解は?

小顔見えを狙うなら、小鼻から目尻のラインを通った先に眉尻がくる基本の眉より少し長めに仕上げましょう。

【もっと詳しく】
プロが教える!「眉メイク」が上手くいかない人に共通するNGメイク3選

NG例6:顔の形に合っていない

顔の形によってNG眉も変わります。

たとえば丸顔タイプなら、アーチ眉はNG。アーチの丸みが輪郭の丸さを強調してしまうので、顔を膨張して見せてしまうことがあります。

正解は?

直線ラインをつくり眉山に少し角を取ります。眉頭を鼻筋に消えるように描くと顔の中心にメリハリが出て、顔全体をすっきりとみせることができます。

【もっと詳しく】
眉の形で変わる!プロが教える顔タイプ別「小顔メイク」NG&正解テク

NG例7:スキンケアの油分が眉に残っている

スキンケアの油分が残っている状態で眉を描きはじめるのはNGです。

ワックスをかけたばかりの床をイメージしてください。滑ってしまい、上に何かをのせるのは難しいですよね。それと同じで、お肌の上に油分が残っている状態で、何かを上から固定しようとするのは難しいのです。

正解は?

そんなときは、眉を描く前にしっかりと拭き取りをすれば大丈夫。眉を描く前に、ブラシで眉を起こして、眉を逆撫でするようにティッシュで拭き取りをしましょう。

このとき、眉をブラシでしっかり起こし、根元から拭き取ることが大切です。眉に沿って拭くだけだと、結局根元に油分が残り、描きづらくなります。

このような下準備をファンデーション後に行うと、色のノリが圧倒的に変わりますよ。

【もっと詳しく】
色がしっかりのらない…プロに聞いた「上手に眉を描く」メイク裏技3つ
思わず見せたくなるうるすべ肌に!美容ライターが驚いた「新感覚ボディケアグッズ」(AD)

NG例8:ただ色をのせるだけで毛並みをそろえていない

スカスカ眉のままでは、眉の存在感が半減し、全体的にぼんやりした印象に。

眉が足りない方は最初にアイブロウペンシルやアイブロウリキッドで眉を下記足し、アイブロウパウダーで描き足したところをぼかしたり、色味が薄いところを濃く見せたりしていきましょう。

正解は?

なりたい眉の形によって、どこにどのように眉を付け足していくのかは変わってきますが、以下のように、アイブロウメイクのツールを本来の役割ごとに使う用途を分けましょう。

■ペンシルやリキッド・・・毛を1本ずつ書いていく

■眉パウダー・・・色味が薄い所に色を足す、ラインをぼかして自然に見せる

足りない部分には自眉を作るイメージで、ペンなどで1本1本毛を描いていき、色味が薄いところやぼかすところにはパウダーをのせていきましょう。

自眉が薄い場合は、ペンシルだけで仕上げてしまうと、自眉との差が出過ぎてしまい(自眉は立体的だけど、ペンシルの部分はフラットなので馴染まない)美しい眉には見えません。そのような場合は、パウダーで眉を描いた部分と自眉をしっかり馴染ませてぼかしていくことにより、差を埋めていきます。

【もっと詳しく】
しっかり眉もスカスカ眉も!自分にあわせたメイクで「美眉」を叶えるプロの技を伝授

 

眉はちょっとしたメイクテクニックで垢抜けた印象に仕上がります! さらに、正しい描き方をするだけで、小顔に近づけることも!?

ぜひ普段のメイクに取り入れてみてくださいね。

▼iOS版


※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
※ puhha、JAYANNPO / shutterstock、Ushico / PIXTA(ピクスタ)