GATTA(ガッタ) > Hair > 切りすぎずにイメチェン!美容師が教える「長さ別ショートボブ」カタログ
hair

切りすぎずにイメチェン!美容師が教える「長さ別ショートボブ」カタログ

2020.02.22 20:30

これまで髪の長かった方が、急にショートヘアにチャレンジするのはなかなか勇気がいりますよね?

そこで今回は美容師の今泉孝記さんが、ショートボブのおすすめスタイルを、長さ別にご紹介します。ばっさりとショートヘアにするのではなく、段階的に髪を短くしたい方におすすめですよ。

1:自然な収まり「前下がりショートボブ」

“前下がりボブ”は、ナチュラルでありながら大人っぽくもあるスタイル。乾かすだけで自然に内巻きにまとまる形は、ショートヘア初心者でもチャレンジしやすいこと間違いなし!

首が見えるくらいだとすっきり感が強調されますが、前下がりにすることで正面から見た長さは残せるので、短くしすぎたくない方にもおすすめです。

もう少し長くすると、内巻きにしたり外ハネにしたりしてアレンジを楽しむこともできます。まずは少し長めにして徐々に短くしていくのも雰囲気が変わって楽しいかもしれませんね。

2:丸みのある「ナチュラルショートボブ」

髪に段を入れれば入れるほど、雰囲気はショートヘアに近づいていきます。少しだけ段を入れて軽くし、丸みのあるシルエットに仕上げたこのヘアスタイルは、かわいらしさを残しつつ髪を短くしたい方にぴったり! 顔まわりにも段を入れることで、柔らかな雰囲気を演出することができますよ。

オイルやバームでラフにスタイリングするだけでおしゃれに仕上がるので、朝あまり時間がない方にもおすすめです。

3:軽やかな印象「束感ショートボブ」

1、2でご紹介したスタイルよりも、さらにショートよりの髪型です。段を多めに入れることで、より軽い仕上がりになります。ただ、自然な丸さを残すことで短すぎない印象に。

束感がありながら肌になじむ襟足が、首を細く長く見せてくれるでしょう。ファッションとのバランスがとりやすくなりますよ。

このくらいの長さだと、耳が透けて見えるので大ぶりなピアスも似合うんです。さまざまなおしゃれが楽しめますね!

 

同じショートボブでも、長さや軽さの違いで印象が全然違います。

暖かくなってくるこれからの時期に、ぜひ今までと違うショートボブにチャレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

切りすぎたくない…!美容師に理想通りの「ショートヘア」に仕上げてもらうオーダー方法

12星座別占い・今週の自分らしく輝くヒント

2,000円以下でできるプチ贅沢!? 頑張る自分に贈りたい「ご褒美」3つ(AD)