GATTA(ガッタ) > Beauty > 30代からはじめたい!プロが「やってよかった」と実感するスキンケア3つ
beauty

30代からはじめたい!プロが「やってよかった」と実感するスキンケア3つ

2020.02.22 21:30

30代になると、今まで気にならなかった肌悩みが気になりはじめますよね。美肌研究家の杉本由美さんによると、さまざまなテクニックやスキンケアアイテムを試してきたなかで、「やっていてよかった!」と思うスキンケアは意外とシンプルなものなんだとか。

そこで今回は杉本由美さん自身が、「やっていてよかった!」と実感した“うるおいスキンケア”を教えてもらいました。

1:「美顔スチーマー」を使ったスキンケア

肌のくすみが気になるとき、乾燥していると感じたとき、いつものスキンケアだけではリカバリーしにくくなるのが大人の肌。

お肌のうるおいや透明感がほしいときに、筆者が必ず使うアイテムは“美顔スチーマー”です。温かいスチームで毛穴を開かせながら、スキンケアをしていき、角質層をうるおいで満たしていきます。

また、毛穴汚れが気になるときは、スチーマーをあて、毛穴を開かせてからクレンジングするのがおすすめ! 普段手が回せていないメイク汚れや皮脂などにしっかりアプローチできるため、肌の状態を見ながら美顔スチーマーを活用して美肌を保つようにしてみてはいかがでしょうか。

2:朝は「ぬるま湯」洗顔

クレンジングをはじめ、洗顔は肌を美しく保つためにはとても重要。

クレンジングが不十分で、汚れや古い角質が蓄積された肌は、どんなに高級で高機能なスキンケアアイテムを使用していても、角質層への浸透を妨げてしまう可能性があります。なので、洗顔でしっかり汚れをオフすることが大切!

朝の洗顔は必ず“ぬるま湯”で、肌の表面に付着した皮脂やホコリなどをオフすることを意識してみて。しっかり汚れを落としてからスキンケアをすることで、うるおい肌を目指しやすくなるはずですよ。

3:「シンプルなスキンケア」にシフト

美しい肌でキープしたいからと、いろいろなスキンケアアイテムをあれもこれもと試していませんか? さまざまな種類の美容成分を肌に与えすぎてしまうと、栄養過多になってしまうことも……。

なので、いろいろと試すのをやめて、シンプルなスキンケアにシフトするのがおすすめです。肌が本来もつ力を高めるには、保湿をすることを目的としたうるおいスキンケアが最適だと筆者は実感しています。

とはいえ、気になるエイジングケアや美白ケアをしないわけにはいきませんよね。濃いシミやシワが気になる部分など、必要な部分に適した美容アイテムをポイントで使用するといいでしょう。

 

美しい肌を保つことでメイクのりがよくなり、顔色がパッと明るくなるはず! ぜひスキンケアを見直す上での参考にしてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

コスメマニアが惚れた!肌の調子に驚いた「うるおい化粧水」6つ

12星座別占い・今週の自分らしく輝くヒント

SNSでシェアしたくなる!見た目も機能性も抜群な「映えスキンケア」(AD)

【画像】
※Ushico、Pangaea、プラナ / PIXTA(ピクスタ)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」