GATTA(ガッタ) > Beauty > 実はそれ、逆効果かも!? 美容ライターが教える「やめてよかった」アイメイク3つ
beauty

実はそれ、逆効果かも!? 美容ライターが教える「やめてよかった」アイメイク3つ

2020.02.14 21:00

「少しでもぱっちりとした目に見せたい!」 とついついやってしまいがちなのが、アイメイクを濃くすること。でもアイメイクは濃くすることで、重たい印象に仕上がってしまったり、メイク落ちがより気になるようになったりと、デメリットが多くなってしまうことがあります。

そこで今回はコスメコンシェルジュの杉本由美さんが、実際に「やめてよかった」と感じたアイメイクのテクニックをご紹介します。実は毎日していたそのメイクテクニックは、明日からやめていいかもしれません……!

1:濃く&長く仕上げたまつ毛

ぱっちりとした目元に仕上げたいと、まず頑張ってしまいがちなのが“まつ毛”。ビューラーで直角カールをつけて、濃く長く、とにかくまつ毛を強調するメイクはやめてよかったメイク工程のひとつです。ぱっちりとした目元に仕上がりますが、普段していたナチュラルメイクと合わず、不自然さが気になるように……。

そこで、自まつ毛にみえるくらいのナチュラルなまつ毛に変えてところ、全体的に統一感がでて、メイククオリティーがぐんっとアップ! ビューラーでまつ毛にカールをつけるときは、根本、中間、毛先と3回軽く挟みながら、ゆるやかなカールをつけるのがおすすめです。

さらにマスカラも何度も重ねづけせずに、自まつ毛に見えるくらいに軽くつけるのが、あか抜けまつ毛メイクのコツ。

2:強調しすぎたアイライン

目を大きく見せたいと、多くの女性が囲み目で極太アイラインを引くメイクが流行っていましたよね。しかし、ここ数年のトレンドは断然“ナチュラルメイク”。気合いの入った、強調しすぎのアイラインは少し時代遅れなメイクに見られてしまう原因のひとつです。

また、囲み目メイクは上手にしないと、かえって目が小さく見えてしまう場合もあるので、メイク初心者には挑戦しづらいテクニックでもあるんです。

大人のあか抜けメイクでは、アイラインはインサイドや、まつ毛のキワのみに控えめ引くか、思い切って“アイライン断ち”をするのがおすすめです。

アイライン断ちをしても、写真のように、まつ毛の生え際にアイラインの代わりとして“アイシャドウのしめ色”をのせれば、それほど目元の印象が薄くなる心配もありません。

3:色の濃いアイシャドウ

目を大きく見せたい人が選んでしまいがちな、濃いめブラウンアイシャドウ。20代の頃はそんなに気にならなかったけれど、30代を過ぎたころからメイクをしても疲れた顔に見えてしまう……という経験をしたことはありませんか?

年齢を重ねると、自然と目元がくすみがちに。アイホールにのせるアイシャドウとして、大人女性におすすめしたいのは、ベージュやオレンジなどの肌なじみのいいカラー。パールの入ったアイシャドウをセレクトすれば、目元に透明感が生まれてくすみをカバーする効果も期待ができますよ。

 

メイクのなかでも、特に濃い印象になってしまいがちなアイメイク。よかれと思ってしていたアイメイクも、実は思い切ってやめることで、垢抜けた印象に仕上げられるようになるかも! ぜひ参考にしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

アイライナー要らず!アイシャドウだけでつくる「ぱっちり目」テク

12星座別占い・今週の自分らしく輝くヒント

SNSでシェアしたくなる!見た目も機能性も抜群な「映えスキンケア」(AD)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」