GATTA(ガッタ) > Hair > 簡単にこなれ見え!不器用さんでもできる「簡単ショートボブアレンジ」6つ
hair

簡単にこなれ見え!不器用さんでもできる「簡単ショートボブアレンジ」6つ

2019.12.29 21:00

ショートヘアは髪の毛が短い分、ヘアアレンジがしづらいと思っていませんか? アレンジ方法を知っておけば、ショートボブでも簡単にこなれ見えがしっかり叶います。

そこで今回は、美容師に聞いた“簡単ショートボブアレンジ”をご紹介します。まとめ髪からハーフアップまで、難しそうにみえても実際はとっても簡単なので、不器用さんでも構えずにぜひ試してみて!

1:カジュアルに使える「簡単編み込み風アレンジ」

普段のお出かけスタイルやデートに使えるヘアアレンジです。編み込みをうまく使った、こなれ感たっぷりのおしゃれなスタイル。ぜひ挑戦してみてください。

(1)肩より短いスタイルでもできます。初めに軽くスタイリング剤をつけてヘアアレンジがしやすいようにしてください。

(2)真ん中の髪をぼんのくぼのあたりまで2~3回編み込んで毛先をゴムで結びます。

(3)両サイドの髪を片編み込みしてゴムで結び“くるりんぱ”をしてください。

(4)残りの襟足の髪も片編み込みをしてゴムで結びます。全ての毛先を大きめのゴムで結びます。

(5)最後に編み目にそって、ほどよく崩したら完成です。

毛先は立体感が出るようにコテやアイロンで巻くと、よりおしゃれ感が出るのでおすすめですよ。

【もっと詳しく】
簡単なのに凝って見える!ショートヘアのおしゃれ度あがるヘアアレンジ2選
ロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)

2:忙しい朝にぴったり!ゴム1本でできる「ハーフアップスタイル」

やり方はとっても簡単です。

(1)ヘアオイルを全体につける

(2)顔まわり・耳後ろ・襟足に薄く毛を残して黒のシリコンゴムで結ぶ

(3)結び目のトップを少しずつ引き出してルーズにしていく

(4)顔まわりの毛を少し耳にかける

ポイントは、あえて毛を残して結んで耳にかけ、おくれ毛のようにすること!

動画を見ながらアレンジしてみよう

ただ結ぶだけですが、このように後れ毛を出すとかなりこなれた雰囲気になり、おしゃれさがアップします。ヘアオイルをつけるとより束感が強調されておすすめですよ。

本当に簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

【もっと詳しく】
3分でこなれた仕上がりに!誰でもできる簡単ヘアアレンジ【#みち子アレンジ】

3:ゴム3本でつくる「こなれ見えショートポニー」

(1)ヘアアレンジをはじめる前に、髪の毛の絡まりをブラッシングでとりましょう。また、少量のスタイリング剤をつけると、アレンジしやすくなるのでおすすめです。

(2)後頭部の髪をやや楕円形にブロッキングをとり毛先をゴムで縛ります。このとき、ゴムをキツキツに結んでしまうと最後にほどよく崩すことができないので、少し余裕をもって結ぶようにしてください。

(3)両サイドの髪をねじりながらロープ編みをして、先ほど後頭部の髪を結んだゴムの上であらためてゴムで縛ります。これでゴムを2本使いました。

(4)残った襟足の髪を1本目と2本目のゴムと一緒にまとめて3本目のゴムを使って結びます。最後のゴムは太めの“飾りゴム”でもOK。すべての髪がまとまったら順番にほどよく崩してルーズさを出したら完成です。

ポイントは後頭部、サイド、襟足の髪をわけて結ぶこと。これにより、短い髪でも崩れることなく縛ることができます。

【もっと詳しく】
ゴムだけでOK!髪が短い人でもできる超簡単「ショートポニー」

4:おしゃれ上級者見え「高めポニーテール」

(1)全体の毛先と前髪をワンカール内巻きに巻きましょう。

(2)高めの位置でひとつにまとめて、おくれ毛をうすく残して結びます。(おくれ毛は、前髪、こめかみ、もみあげを指でつまむ程度に出して! )

(3)えりあしのパラパラ落ちてきてしまう毛は、ねじってピンでとめるのがコツ。

(4)結んだ毛先から少し毛束を出して、結び目に巻きつけ、アメピンでとめて完成!

動画を見ながらアレンジしてみよう

ポイントは、3つ。

・事前に毛先を巻いておくこと
・おくれ毛 (おくれ毛は、前髪、こめかみ、もみあげを指でつまむ程度)
・結び目のゴムに毛先を巻きつけて隠すこと

首元がすっきりするので、小顔効果も狙えるかも!

【もっと詳しく】
超簡単なのにおしゃれ上級者見え!ポニーテールのつくり方ポイント3つ【#みち子アレンジ】

5:大人かわいい印象に仕上がる「ひとつ結びアレンジ」

STEP1:はじめに、スタイリング剤を髪全体になじませる

パサついた状態、乾いた状態から結ぶのは簡単ですが、そのあとのおくれ毛や抜け感をつくるのが難しくなってしまいます。

あらかじめ、オイルやシアバター、ミルクなど束感の出しやすいスタイリング剤をつけておくのがおすすめ!

STEP2:手ぐしでざっくり結ぶ

手ぐしは後ろに向かって指を通しながら、頭の一番出っ張っている後頭部よりも下の位置で結びましょう。

後頭部より少し下だと自分でおくれ毛をつくる際も、バランスが取りやすくなりますよ。

STEP3:ふんわり引き出す

はじめにゴムをつまみながら、くまの手を作って後頭部を上に引き出します。

指をしっかり広げて、少し引き出す程度でOKです。出しすぎてしまうと形が維持できなくなってしまうため、ピタッとした形が少し崩れるくらいが正解。

また、ゴム付近からも引き出していきましょう。引き出すときに、髪をつまむ量はほんのすこしで大丈夫です!

+α:おくれ毛を巻いてみる

この状態でもこなれ感のあるヘアアレンジに仕上がりますが、時間に余裕があるときは、さらにおくれ毛を巻けるとよりGOOD!

前髪を巻くついでに少しでも巻くと、より抜け感と動きがでて、こなれ感がアップしますよ。

【もっと詳しく】
簡単なのにこなれ感あり!ゴム1本で完成「ひとつ結び」ボブヘアアレンジ

6:コツをマスターしておきたい「ねじり留めヘアアレンジ」

(1)真中の髪を適度にすくい、ねじり留めをします。

(3)両サイドの髪も同じく最初にピニングした場所までねじって、ねじり留めをします。

(3)残りの髪も2つに分けて、同じようにねじって留めます。

(4)残った毛先を左右のどちらかにねじって留め、全体をほどよく崩したら完成です。

“ねじり留め”自体はコツを覚えればとっても簡単! 基本的にはねじって留めるだけでOKなので、何度か練習してみてくださいね。

【もっと詳しく】
美容師が教える!ショートボブでもできる「簡単まとめ髪」アレンジ
2,000円以下でできるプチ贅沢!? 頑張る自分に贈りたい「ご褒美」3つ(AD)

 

今回ご紹介したヘアアレンジであれば、ショートボブやショートヘアでもおしゃれな髪型に仕上がること間違いなし! 明日からぜひ試してみてくださいね。



※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。