GATTA(ガッタ) > Bodymake > 2019年が終わる前に!歪んだ骨盤の整えを目指す「寝たままヨガ」
bodymake

2019年が終わる前に!歪んだ骨盤の整えを目指す「寝たままヨガ」

2019.12.19 20:30

もうすぐ2019年も終わり、2020年へ。慌ただしい12月は、体に疲れがたまりがちですよね。2019年最後の月に、ゆっくりと時間をかけて1年分の歪みを整えてみませんか?

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんが、体の要となる“骨盤”の整えを目指すリラックスヨガをご紹介します。

一年の終わりに!体の歪みを整え、快適に過ごすためのリラックスヨガ

パターン1

まずはコリがちなお尻をほぐしましょう。下半身の冷えや歪みの影響で、疲れやすい腰まわりにもアプローチしていきます。

(1)仰向けに寝ます。

(2)両ひざを曲げて、左足首を右ひざの上に乗せます。

( 3)両脚を持ち上げて、両手で右ひざをつかみます。

(4)息を吸います。息を吐きながら、胸の方へ脚を引き寄せます。

(5)このとき、お尻を上げすぎないようにして、お尻と曲げている脚の股関節まわりに刺激を感じる位置を探しましょう。

(6)20秒程度キープします。

(7)反対側も行います。

パターン2

続いて下半身まわりを引き締め、骨盤を安定させていきましょう。

( 1)仰向けで寝た姿勢のまま、両ひざを曲げます。

( 2)両脚の幅は、腰幅程度に開いておきます。

(3)息を吸います。息を吐きながらお尻を持ち上げて、お腹と太ももの位置をフラットにしましょう。お腹が落ちないように、脚の付け根を曲げないように、お腹から太ももまで真っ直ぐにそろえる意識を持ちます。

(4)このとき両脚が開いていかないように、両脚の間にクッションを挟んでもいいでしょう。

(5)息を吸いながら、体を床に降ろします。

(6)これで1セットとし、10回〜15回を目安に行います。

パターン3

骨盤を整えて、キュッとした上向きヒップを目指しましょう。

(1)仰向けに寝て両ひざを曲げ、左足首を右ひざの上に乗せます。

(2)息を吸います。

(3)息を吐きながらお尻、腰、背中を持ち上げます。

(4)お尻が傾かないように注意しながら、3秒キープします。

( 5)ゆっくり床に体を下ろします。

(6)これで1セットとし、5回行ったら脚を変えて逆側も行いましょう。

 

ゆっくり時間のあるときは、3つのパターンをまとめて行いましょう。時間がない場合は、疲れたときには“パターン1”。ヒップアップを目指したいなら、“パターン2”。骨盤の歪みの調整を目指したいなら、“パターン3”……と分けて行ってもOK!

忙しい師走の時期、目的に合わせてチャレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

寒い日もすっきり起きたい!ベットの上でできる「お目覚めストレッチ」

12星座別占い・今週の自分らしく輝くヒント

1,500円以下&ドラッグストアで買える!美容師が選ぶダメージケアアイテム(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」