GATTA(ガッタ) > Leisure > 旅ライターが教える!2019年「行ってよかった」海外スポット3つ
leisure

旅ライターが教える!2019年「行ってよかった」海外スポット3つ

2019.12.23 20:30

2019年も、そろそろ終わりに近づいてきました。あなたは今年、どこにお出かけしましたか?

インターネット上には旅の情報が数あれど、実際に現地へ訪れて書かれた情報というのは、意外と少ないもの。そこで今回は、トラベルジャーナリストの石原有起さんに、2019年に実際に訪れ「行ってよかった」と感じた場所を3つ教えてもらいました!

1:フィリピン・海の美しさに驚く、ボラカイ島

ボラカイ島は、全長4kmにも及ぶホワイトビーチが有名な、フィリピンのリゾート地。では、なぜ今ここが“旬”なのかというと、水質汚染が深刻化したことに伴い、浄化作戦のために2018年の約6ヶ月、閉鎖されていたから。

フィリピン政府は観光再開後、1日に受け入れる観光客数を制限。現在は、ホテルに滞在するゲストのみが入れる島となっています。新たに、ビーチでのゴミ捨てはもちろん、飲酒、喫煙、焚き火やビーチパーティの禁止など、厳しい規定が設けられていますが、その甲斐あって、息を飲むような美しいビーチが保たれているのです。

せっかく、飛行機とボートを乗り継いでやってきたボラカイ島ですから、ビーチの素晴らしさを存分に満喫し尽くせるホテルに泊まりたいもの。『クリムゾン リゾート& スパ  ボラカイ』は、オープンして2年以内の白亜の新しいホテル。

白を基調にした洗練されたデザインと、目の前がプライベートビーチという絶好のロケーションは、まさに海と一体化しているよう。

5つ星ホテルですが、物価が安いフィリピンでは、日本よりもお手頃に泊まることができるのもうれしいですよね。

2:シンガポール・ゴージャスなチャンギ空港の新施設

訪れるたびに、新たな発見があるシンガポール。筆者は今年だけで3度も出かけていますが、「誰もが楽しめる」と最近話題の場所が、2019年にチャンギ空港内にできた巨大な複合施設『ジュエル』。

施設内には無料で24時間入ることができ、各お店の営業時間はさまざま。ジュエル名物のウォーターフォール(滝)は、朝8時から深夜0:30まで。カラフルにライトアップされていて迫力満点!

そのほか、『資生堂フォレストバリー』という熱帯樹木が多数配されている植物園(無料)や、ガーデンやアトラクションのある『キャノピーパーク』、大人も楽しめる迷路『キャノピーメイズ』などの有料の施設など、1日中いても遊びきれないほど。

深夜便や早朝便の方は、往復のどちらかにレストランなどで時間調整をして、ぜひ名物の滝をご覧くださいね。

3:オーストラリア・シドニーの、開発が進む倉庫街

自然がいっぱいのオーストラリア。オペラハウスやコアラのいる動物園、ボンダイビーチなどの海も魅力的ですが、筆者がシドニーで今注目しているのが、倉庫街。

なかでも、市内中心部からも電車で15分程度のアレクサンドリアは、おしゃれなカフェが続々とできていて、近年話題となっている地域です。

特に2012年にできた『ザ グラウンズ オブ アレクサンドリア』は、レストラン・カフェなどが入った話題のスポット。

敷地内は、お花や緑がふんだんに使われ、スイーツワゴンやお花屋さんなどが点在しています。

レストランで食事をとるのはもちろん、テイクアウトして敷地内のフリースペースでいただくこともできるので、その日の気分や滞在人数に合わせて楽しめますよ。

 

旅の上級者が教える海外のおすすめスポットをチェックして、旅の選択肢を広げてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

旅ライターが本気でおすすめ!2019年行ってよかった国内スポット3つ

12星座別占い・今週の自分らしく輝くヒント

頑張った自分へのご褒美!毎晩の習慣にしたい「疲れを癒すアイディア」3つ(AD)