GATTA(ガッタ) > Beauty > 意外と簡単!「毛穴レス」な肌にみせるメイクテクニック3つ
beauty

意外と簡単!「毛穴レス」な肌にみせるメイクテクニック3つ

2019.12.04 21:00
出典: shutterstock

鏡を見るたびに気になる、肌の毛穴……。

ビューティープロデューサーの小笠原彩さんによると、毛穴の開きは乾燥、皮脂、たるみなどさまざまな理由から起こることが多いのだとか。

根本的な原因はスキンケアやエステなどで、肌の内側から改善する必要があるそうですが、メイクでもカバーは可能!

そこで今回は小笠原さんに、メイクテクニックで簡単に毛穴レス肌に見せるコツを教えてもらいました。

1:きちんとカバーをしてくれる下地を使う

まずメイクで毛穴を隠したいときに必須になるのは下地です。

下地をすることにより、簡単に毛穴レス肌を作ることができます。

ただ下地といっても、どんな毛穴悩みにどんな下地が必要なのかをしっかりと見極めることが大切。

以下に代表的な毛穴悩みをあげているので、どのような下地が合うか確認していきましょう。

・毛穴開き・・・毛穴の開きに対しては埋めてあげることが簡単なカバー方法です。プチプラコスメでも優秀なアイテムが最近は多く出ているので、毛穴の凹凸を埋めてあげるような下地を取り入れていきましょう。

・黒ずみ毛穴・・・角栓のつまりや色素沈着により起こる黒ずみ毛穴には、コントロールカラーが相性抜群です。くすみを飛ばしてくれるベージュ系のコントロールカラーを塗布してあげると、黒毛穴は見えづらくなります。もしくすみが隠れない場合はパープルやピンク系の下地で色味を飛ばしていきましょう。

ほかにも最近では光の効果で毛穴を飛ばしてくれる下地も多く出ています。

直接、溝を埋めたり色味でカバーするものではないので、軽度の毛穴対策には効果的です。

2:引き上げながら、クルクルなじませる

下地を決めてから、次に大切なのは下地の塗り方です。

毛穴は下向きに開いているので、お肌の下から上へ伸ばしていくと、きれいに毛穴をカバーしていくことができます。

このときにただ上に伸ばすのではなく、少しくるくると動かしながら伸ばしていくと、より肌になじみやすくなります。

毛穴の凹凸がとくに気になる方は、少し顔を引き上げながら下地を伸ばすと、よりしっかりと毛穴を埋めていくことができますよ。

毛穴にしっかりと下地を入れ込んだ日は、より念入りにクレンジングもしていきましょう。

化粧品が残っていると、毛穴つまりの原因になります。

3:リキッドファンデーションを押すように

しっかりと下地で土台を整えたら、最後にファンデーション。

選ぶファンデーションのタイプはパウダーよりリキッドタイプのファンデーションのほうがおすすめ。

パウダータイプのファンデーションは毛穴を目立たせてしまう可能性があるので、パウダーファンデーションを使っている方は、あまり肌に乗せすきず、サッとブラシで払うようなイメージで塗布していきましょう。

また、伸ばすときはスポンジなどで軽く押し当てながら塗布することがおすすめです。

指でぐいぐい引っ張ってしまうと、せっかく下地でカバーした部分がはげてしまったり、メイクよれの原因になります。

少量をソフトに置いていくようなイメージで伸ばしましょう。

 

根本的な原因をしっかり直していくことがとても大切ですが、メイクでも手軽に簡単に毛穴を隠すことはできます。

この冬は、毛穴レス肌を目指していきましょう!

【おすすめ記事】

保湿もできちゃう「優秀ベースメイクコスメ」4つ

限定コラボボトルが可愛すぎ!ダヴ×水森亜土の洗顔料(AD)

【画像】
fizkes / Shutterstock