GATTA(ガッタ) > Bodymake > 驚くほど簡単!気になる「ぽっこりお腹の引き締め」を目指すダイエットヨガ
bodymake

驚くほど簡単!気になる「ぽっこりお腹の引き締め」を目指すダイエットヨガ

2020.01.03 21:00

毎日鏡で体を見ていると、気になる部位についつい目が行ってしまいますよね。脚、お尻、二の腕……。でもやっぱり”お腹”が気になる方は年齢を問わず、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役ヨガインストラクターのNATTYさんが、びっくりするほど簡単な”ダイエット”ヨガポーズをご紹介します。”お腹”にフォーカスして、ズボラさんでも挑戦できる2種類のポーズが登場します。

動画を見ながら…LET’S TRY

1:座位の前屈のポーズ

 

(1)両脚を前に伸ばして座ります。(骨盤が立ちにくい人はひざを少しゆるめ、つま先を上に向けましょう。)

(2)息を吸いながら両手を上げ、背骨を伸ばします。

(3)吐く息とともに上体を前に倒しましょう。

(4)腰や背中をなるべく真っ直ぐにしたまま、呼吸を繰り返します。(3~5呼吸が目安です。)

(5)体を小さく折り畳んでいくようなイメージで、吐く息とともにお腹を太ももへ、胸をひざの方へと寄せます。

(6)数呼吸したら、体を起こし、ポーズを解放します。

2:座位のねじりのポーズ

 

(1)右脚を奥に、左脚を手前にして、かかとを前後に並べます。

(2)左手で右のひざを押さえ、右手の指先は体のうしろにつけましょう。

(3)息を吸いながら背骨を伸ばし、吐きながら右にねじり、目線はうしろへ向けましょう。

(4)お腹を細く、長くしていくイメージで呼吸を繰り返します。(3~5呼吸が目安です)

(5)ねじりをほどき、反対も同様に行います。

ポーズをとるときのコツ

・肩や首周りの余計な力を抜きましょう。

・深い呼吸を意識しましょう。

・背中や腰が丸まらないようにしましょう。

おすすめポイント

今回は”お腹”にフォーカスして、体幹を使いながら背面を伸ばす”前屈のポーズ”と、内臓を刺激し全身の血の巡りの改善を目指す”ねじるポーズ”をご紹介しました。

体の内側から老廃物をデトックスさせ、燃えやすい体づくりを目指しましょう!

 

その日の気分や体調と相談しながら、ほかのポーズとも組み合わせてみてくださいね。ぜひ毎日の生活に取り入れてみましょう!

⇒こんな記事も読まれています

携帯を見ながらできる!美脚を叶える「1日30秒エクササイズ」

12星座別占い・今週の自分らしく輝くヒント

1,500円以下&ドラッグストアで買える!美容師が選ぶダメージケアアイテム(AD)

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。