GATTA(ガッタ) > Hair > くせ毛さん向け!美容師が教えるパサパサ乾燥髪を「ツヤ髪」に見せる3ステップ
hair

くせ毛さん向け!美容師が教えるパサパサ乾燥髪を「ツヤ髪」に見せる3ステップ

2019.12.03 22:00

くせ毛さんにとって、冬は大敵! 乾燥でいつもよりも髪が広がったり、パサつきやすかったりと、髪をまとめるのにも一苦労ですよね。

今回はお客さんの90%以上がくせ毛さんという、くせ毛スペシャリストの異名をもつ、美容師の藤田ファムさんに、乾燥した髪の毛をツヤ髪に見せるためのテクを教えてもらいました。

くせ毛さんの髪が乾燥してしまう原因

全国の方からくせ毛の相談を受けますが、とくに多いご相談が“傷みやすい”、“乾燥してしまう”というお悩みです。

そもそも、なぜくせ毛さんは乾燥してしまうのでしょうか?

答えは、髪の断面がねじれているため。直毛の人に比べてキューティクルが均一に並んでいないので、水分が逃げやすくなっているのです。

ではどうしたらくせ毛でも髪をきれいに見せられるのか、説明していきます。

STEP1:ドライヤーを丁寧にかける

髪は乾いたときに形が決まるので、くせ毛さんにとってブローはものすごく大切です。

まずは乾かす前に保湿オイルやクリームを使い、乾燥させ過ぎないように気をつけましょう。

最初は乾きにくい内側から乾かします。表面はすぐに乾くので後にしましょう。

内側がある程度乾いたらドライヤーの風を上から下に当てましょう。

キューティクルが整って髪にツヤが出ます。優しく手ぐしを通しながら乾かすと、よりまとまりが出てよいですね。

最後に全体的に冷風を当てましょう。冷風でキューティクルを閉めて、水分を髪の中に閉じ込めるイメージです。

STEP2:ストレートアイロンをうまく使いこなす

くせ毛の方の強い味方がストレートアイロンです。

たしかに、“傷みそう”“うまくできない”など、アイロンの操作に不安がある方もいるかもしれません。

しかし、ストレートアイロンは基本的に高めの温度でサラッと通せばOKと、扱いはとっても簡単。具体的には150度以上がよいでしょう。

低い温度だと何回も当てないといけないうえにくせが伸びないので、つい力を入れて引っ張ってしまいます。これがダメージの原因になるのです。

高めの温度で力を入れずにゆっくり数回通すのが、一番よいやり方です。

現在は高機能なストレートアイロンがたくさん発売されているので、ぜひ使ってみてください!

STEP3:スタイリングできれいな状態をキープする

最後にスタイリングです。くせを生かすのか、抑えるのかで使うアイテムが変わります。

くせを生かしたい場合は、毛先を少し湿らせてスタイリング剤をつけましょう。

髪は濡れるとくせが出るので、くせを出したいところを少し湿らせます。スタイリング剤は保湿力の高いオイルなどがよいでしょう。

くせを抑えたい場合は、シアバターなどの柔らかいワックスタイプがおすすめ。

固めてしまうモノだと、髪が引っかかってゴワついてしまうので、固まらず、保湿してくれるナチュラル系のシアバターを選びましょう。

スタイリングのコツは、薄く手にしっかり伸ばし、髪の表面から毛先まで手ぐしを入れながら均一に伸ばすこと。

湿気や外的ダメージから髪の毛を守ってくれ、ツヤをキープしてくれます。

 

くせ毛さんに乾燥は大敵! 毎日少しの努力でも髪をきれいにすることはできます。

まずはできることから実践して、すてきな髪型をキープしましょう!

【おすすめ記事】

美容師が教える「冬にすべきヘアケア」3つ

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)

【画像】
Parilov、Alliance Images、Microgen / shutterstock

くせ毛スペシャリスト
顧客の90%以上がくせ毛さんというくせ毛に特化した美容師。とくにカットでつくるくせ毛を活かすスタイル提案が得意です。全国からたくさんの方から髪質相談、スタイル相談をいただいています。柔らかい女性らしい雰囲気におしゃれさをプラスするスタイルがウリです。
ホットペッパービューティアワード2018女性スタイル部門1位(17,000スタイル中)、本物を追求したオーガニック系ヘアケアブランドYELLOW NATURAL PRODUCT プロデュース、美容系YouTuber(ふぉむおくch.)。