GATTA(ガッタ) > Beauty > 適度な抜け感!美容賢者が「なくしてよかった」と感じたアイメイク3つ
beauty

適度な抜け感!美容賢者が「なくしてよかった」と感じたアイメイク3つ

2019.12.01 21:00

「昔と同じアイメイクを続けていていいのかな」「適度な抜け感がほしいけど、どこをシンプルにすればいいんだろう」と年齢を重ねるごとに、自分にぴったりなメイクが分からなくなってしまった方はいませんか?

そこで今回はビューティープロデューサーの小笠原彩さんが、そんな大人女性のための“なくしてよかったアイメイク”をご紹介します。シンプルなメイクで難しいのは、何を抜くか、なくすかです。いろいろなテクニックを試してみて、自分の魅力を引き出せるメイクを見つけてみて!

その1:アイシャドウパレット全ての色を使わなくてもいい

3色パレットをつかうときに、「3色とも使用しなければいけないのでは?」と思うはず。実際にセットで販売されているアイシャドウは、化粧品会社が緻密に計算をして配色を決めているので、とても使い勝手はいいのですが、大人女性のアイメイクは意外にもシンプルに一色をなじませるだけでもOK!

特に、肌なじみのよいベージュやオレンジ系の色味などは、1色だけなじませて塗ることで、透け感のある目元に仕上がります。

いつもなんとなく何色も重ねていた……という方は、思い切ってお気に入りの1色だけで仕上げたシンプルアイメイクを試してみてください。

その2:目を囲むアイライナーはなくてもいい

「目の縁をしっかりと囲む」「まつ毛の根元をしっかりと埋める」のような意識で、メイクをしている方が多いのでは?

アイライナーを抜いてみると、抜け感を演出でき、余白が増えて目が大きくみせることにつながるかもしれません。

特に下まぶたはアイライナーを引くことで、目の境目がはっきりと印象づいてしまうので、逆に目が小さくみえてしまうことも……。余白をつくり、そのまま肌になじむように仕上げることが、上品なぱっちりアイメイクにつながりますよ。

その3:マスカラはボリューム重視でつけなくてもいい

「しっかりとマスカラをつけて、ボリュームのあるまつ毛に仕上げる」「まつ毛のエクステを毎月している」という方は、そのボリューム感に慣れすぎてしまっている場合があります。

勇気を出して、まつ毛を主張しすぎないブラウンに変えてみたり、マスカラをさっとひと塗りするだけにしてみたりするだけでも、グッと印象が変わりますよ。

まつ毛は真っ正面からみたときよりも、サイドや上からみたときのほうが派手な印象を与えやすいです。つまり、自分で見ているよりも、周囲は派手な印象をつけているかもしれません。

大人のシンプルメイクを楽しみたい場合は、一度合わせ鏡などで横から見たまつ毛をチェックし、シンプルに変更。もしくは、一度思い切ってなくしてみてもいいでしょう。

 

アイメイクはほかの部位に比べると、特に削れるポイントが多い部位。さまざまなテクニックを試して、自分にあうシンプルアイメイクを目指しましょう!

【おすすめ記事】

マスカラのつけ方次第で変わる!「美まつ毛」の作り方

限定コラボボトルが可愛すぎ!ダヴ×水森亜土の洗顔料(AD)

【画像】
※Ushico / PIXTA(ピクスタ)