GATTA(ガッタ) > Leisure > 【ついにオープン】1日中楽しめる!新生「渋谷パルコ」の魅力を大解剖
leisure

【ついにオープン】1日中楽しめる!新生「渋谷パルコ」の魅力を大解剖

2019.11.22 20:30

2019年11月22日(金)にグランドオープンする『渋谷パルコ』。『渋谷スクランブルスクエア』に続き、活気あふれる渋谷に新たな名所が誕生しました。

そこで今回は、新生『渋谷パルコ』の魅力をご紹介。1日中いても飽きないほど、見所が詰まっていました! ぜひ次の休日のおでかけ候補にしてください。

1:建物自体がアート

■商業施設とは思えない!店舗ごとの「個性」が強い

商業施設とは思えないほど、各ブランドの個性があふれる店内。各店舗に足を踏み入れるたびに、違った印象を受ける不思議な感覚は、『渋谷パルコ』だからこそ!

2Fにある『OIL by 美術手帖』は、美しいアートが溢れ、まるで美術館のよう! 美術専門誌『美術手帖』が運営する“カフェ・ギャラリー・雑貨”と幅広く楽しめる店舗で、まったりお茶を飲みながら、アートをゆっくり楽しめる極上空間です。

2019年11月22日(金)~12月11日(水)までは、オープニング企画として玉山拓郎さんの個展『The Sun, Folded.』を開催。“宇宙”をイメージした新作の映像が、鏡に反射しながら織りなす世界はカフェの中とは思えない異次元の感覚を味わえます。

『OIL by 美術手帖』だけではなく、それぞれの店舗が世界観を存分に表現。歩くたびに違った空間を味わえるので、アート巡りをしているような新しい感覚で楽しめます。

■各階で異なるコンセプト

『渋谷パルコ』では今回193つのショップが出店。

個性豊かなショップをまとめる軸となるのは、

・FASHION
・ART&CULTURE
・ENTERTAINMENT
・FOOD
・TECHNOLOGY

の5つの柱。それぞれのジャンルをあえて混ぜ合わせることで、新たな魅力を引き出すフロア編成になっています。

各フロアにコンセプトがあり、特に印象的だったのがB1F。さまざまなジャンルのレストランが並ぶB1Fは、“CHAOS KITCHEN”がコンセプトです。

天井はすべて鏡張り。それぞれの店舗の個性が混ざりあって、広がっていくようなカオスな雰囲気を体感できます。ネオンやライトなど、各店舗がそれぞれ主張しあっている雰囲気は、今までの商業施設のレストランフロアとはまったく違う非日常な空間でした。

■館内に隠れている「P・R・Cの文字」を探してみて

館内には、以前の『渋谷パルコ』の外壁に設置されていた“パルコネオンサイン”が散らばっています。おなじみのP・R・Cのネオンを見れば、思い出がよみがえるはず。

ぜひ実際に訪れて、どこにあるか探してみてくださいね。ヒントは、エレベーター・エスカレーター付近……!

■1日中満喫できるほど充実した「ギャラリー・展示施設」

『渋谷パルコ』は、さまざまなカタチのアート・カルチャーを表現。ギャラリーを備えたショップが9店舗あり、歩くたびにアート・カルチャーに触れられる環境が整っています。

8Fには、“ほぼ日手帳”で有名な『ほぼ日経イトイ新聞』による展覧会が。2019年11月22日(金)~12月8日(日)の期間では、『アッコちゃんとイトイ。』企画が展示中。10名の人気アーティストの作品が並んでいます。

2:活気づく「渋谷の景色」を一望

4F、8F、10Fの広場は、休憩スペースとしてはもちろん、四季を感じられる自然も楽しめます。

こちらは、10Fからの景色。これからもっと盛り上がる渋谷の街を一望。

エスカレーターをのぼるとき、開放的で大きな窓から望む景色の変化に、心躍ること間違いなし!

3:新時代のスタンダード「サステナブル」を身近に

■おしゃれをずっと楽しむためのサービスが充実

最近ファッション業界を中心によく耳にする“サステナブル”。

4Fのファッションフロアでは、環境に配慮した水洗いクリーニング『Licue&Sneakers(リクエアンドスニーカーズ)』、専門家による洋服類のお直し『Re STOCK(リストック)』など、洋服を大切にしたい人のためのサービスが充実しています。

“新しく服を買う”だけではなく、“お気に入りの洋服を大切にずっと着る”ことも『渋谷パルコ』は応援してくれますよ。

■昔のパルコのドアを再利用

館内に入る際に、必ず手をかけるこちらのドア。実は、休館する前のパルコのドアを再利用しているんです!

昔のドアを捨て新しいドアを使用するのではなく、まだ使えるものはこのように再利用する“サステナブル”な姿勢が垣間見えるポイントですね。

4:いつでも、どこでもおしゃれを楽しめる新感覚空間

オフラインとオンラインが融合したオムニチャネルショップ

リアルな店舗とECサイトが融合した新しい買い物体験ができる、5Fの『PARCO CUBE』。11店舗の商品が展開されていて、限定アイテムなどのいくつかの商品のみ、通常店舗同様にその場で購入できます。その他の商品に関しては『PARCO ONLINE STORE』のECサイトにて販売。

リアル店舗でありながら、ECサイトのショールームかのような最先端の買い物体験ができます。

さらに、『PARCO CUBE』内の一部店舗では、試着時に自分の後ろ姿をチェックできる『CUBE MIRROR』という鏡が設置されています。カメラで撮影した映像を少し遅らせてうつすことで、チェックしづらい自分の後ろ姿を確認できるシステム。お尻の見え方や背中のシルエットなど、今まで見づらかった部分までしっかり確認できるので、より満足のいく買い物ができるはず。

■ファッションを楽しめる工夫が「トイレ」まで

『渋谷パルコ』に行ったら、ぜひお手洗いにも立ち寄ってみて。細部までこだわりが詰まっているんです。

たとえば、2Fのトイレには、お手洗いに行く時間もファッションを楽しんでほしいという気持ちが込められた“ランウェイ感覚”を味わえる光る床があります。

パウダールームには女優ミラーが設置されていて、お直しの時間もワクワクが止まりません。B1F、3Fのトイレも、それぞれデザインが異なるので要チェックです。

 

休館を経て、さらにパワーアップした『渋谷パルコ』。商業施設の枠を飛び越えた、新しい渋谷の名所となること間違いなしです!

【おすすめ記事】

渋谷で見つけた「ハイセンスな手土産スイーツ」6選

肌悩みから選ぶ!おすすめクレンジング(AD)

【画像】
渋谷パルコ