GATTA(ガッタ) > Hair > この冬トライしたい!美容師がおすすめする今っぽ「くびれヘア」4選
hair

この冬トライしたい!美容師がおすすめする今っぽ「くびれヘア」4選

2019.11.20 22:00

憧れのくびれ。実は“髪の毛”にくびれをつくることで、今より小顔に見えたり、ふんわりと軽い印象を与えたりすることができるんです。

今回は美容師の新谷千絢さんに、この冬おすすめしたいくびれヘアをレングス別に紹介してもらいました。

1:ふんわりカジュアルなくびれボブ

首のつまったニットやストール・マフラーとあわせても気にならない、ほんのりレイヤーの入ったボブスタイル。

やわらかい束感が出やすいように、表面にたっぷりと隙間をつくっています。

ストレートにしてもまとまりやすいし、くびれさせても束感をつくると動きが出てくれるので、扱いやすさもバツグンです。

2:色っぽくびれロブ

前髪のシースルー感と、全体的に柔らかい隙間がこのスタイルのポイント。色気を演出できるくびれヘアのひとつです。

髪の毛の量が多くて困っている方、いつもワンカールのスタイルで飽き飽きしている方、髪を伸ばしたいけれど、どうしたらいいのか分からない……そんな方におすすめのスタイル。

肩にハネさせて、ふわっと動かすスタイルになるので、束感の出るスタイリング剤との相性がGood。

3:大人カジュアルなくびれミディ

束感たっぷりな鎖骨ミディスタイル。

束っぽバングに耳かけスタイルは、自分でセットするときにも全体のバランスをつくりやすいんです。

毛先のハネ感に合わせて顔周りと表面を内巻きに巻いて隙間をつくってあげると、ボリューム感もふんわり感も手に入りますよ。

4:ニュアンス感たっぷりウルフくびれセミディ

前髪なしのウルフレイヤースタイル。

いつものくびれスタイルに、少しプラスしてミックス巻きを表面に足しているので、いつもより動きがあるようにスタイリングしています。

レイヤーの高さもこの中で一番高いスタイルになるので、レイヤーに慣れはじめた方やアイロンを使うことに抵抗がない方におすすめのくびれスタイルです。

 

くびれスタイルは、どの年代の方でも顔のカタチや切りたい長さに合わせて似合わせることが可能!

“ポイントや顔のカタチに合わせて、どこにボリュームや空気感がほしいか”

“いつもどんな服を着て、どんなテイストが好みか”

この2つを押さえれば、どんな方でもトライしやすいです。この冬、挑戦してみましょう。

【おすすめ記事】

美容院でオーダーが多い「ショートスタイル」3つ

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)