GATTA(ガッタ) > Hair > 髪の量が多い人必見!美容師おすすめ「広がりにくい」ショートヘア3選
hair

髪の量が多い人必見!美容師おすすめ「広がりにくい」ショートヘア3選

2019.11.17 20:00

“髪の広がり”が気になるショートヘアは、多毛さんにとって難しいヘアスタイルの1つですよね。

そこで今回は美容師の森下優也さんが、多毛さんでも楽しめるショートヘアをご紹介します。髪の量の減らし方がポイントでした……!

1:レイヤー少なめ「ノーバングショート」

多毛さんの悩みといえば、膨らみすぎて頭が大きく見えたり、思うように動かなくて重く見えてしまったりすることですよね。それを回避するには、毛量の減らし方や表情をつくる表面の段の入れ方、ボリュームが出る部分に対して抑える部分をしっかりつくってメリハリをつけることが大切。

このショートスタイルは表面のレイヤーが少なめなので、いらない毛量をしっかり削ることができ、ボリューム感が出てこないようにしやすい髪型です。耳たぶの位置にサイドを設定して、耳周り部分をしっかり軽くし、襟足を首になじむように抑えればきれいなシルエットが完成します。

多毛さんでも抜け感と柔らかさを楽しめるノーバングショートは、とてもおすすめですよ!

2:レイヤー少なめ「ショートボブ」

同じく表面にレイヤーをあまり入れないタイプのショートボブスタイル。ポイントはライン感のある毛先のきれいなシルエットと、程よいボリュームのバックシルエットです。

なるべく横に膨らみすぎないように、内側と表面の間の中間部分の量をしっかり削っていき、表面はあえてやや重ためにカットします。そうすることで表面がフタとなり、広がりにくさに繋がります。また中間部分の毛量が少ないので、抑えられたようなシルエットになり、シルエットが難しいショートボブも少しコンパクトな印象に仕上がります。

丸い印象が強調されてしまう、と懸念していた方もこれなら楽しめるかもしれませんよ!

3:しっかり入れる「レイヤーショート」

丸みがありながらも、ヘアスタイルに段がしっかり入っているので、量が多い&膨らみが気になる方でもこのショートなら心配いらず! 逆に多毛をメリットに変えてしまう、そんなショートヘアです。

中途半端な長さを残してしまうと、髪の重なり方でハチが張ってるような四角い印象を与えてしまいます。ですが、しっかり髪を動かすスタイリングとして切り込んだ“レイヤーショート”は、多毛さんでも軽い質感で楽しめるヘアスタイルです。

襟足やもみあげの長さで自分にあったバランスに整えれば、思い切ってカットしてみてよかったなと実感できるはず!

 

髪の量の減らし方がとても大切! 髪が多くて普段の扱いに困っている方は、美容師さんに相談して理想のヘアスタイルを目指してみてくださいね。

【おすすめ記事】

髪の毛が広がりにくい「似合わせショートヘア」4つ

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)