GATTA(ガッタ) > Beauty > メイクのりが格段に変わる!? 美容家が朝に必ず行う「スキンケア」3STEP
beauty

メイクのりが格段に変わる!? 美容家が朝に必ず行う「スキンケア」3STEP

2019.11.12 20:30

せっかくメイクをしてもメイクのりがイマイチだと、朝から憂鬱な気分になってしまいますよね。実は朝のスキンケアの手順によって、メイクの仕上がりに大きな差がでることをご存知でしたか?

そこで今回は美肌研究家の杉本由美さんが、メイクのりをよくするために、最低限おこなっている“スキンケアの手順”をご紹介します。

STEP1:肌をフラットにする「ぬるま湯洗顔」

メイクのりをよくするには、土台から整えていくことが大切。寝ている間の皮脂や皮脂に付着した汚れを、きちんとオフすることが最初のステップです。

肌のバリア機能となる必要な皮脂まで落とさないため、洗顔料はあえて使用せずに“ぬるま湯で洗顔する”のがおすすめ。

ここでのポイントは熱すぎるお湯ではなく、30℃~36℃くらいの温度に設定すること。すすぎの回数は20回ほどがマスト! 皮脂が落とせて、肌が清潔な状態に戻ります。

STEP2:化粧水は温めてから「保湿」

洗顔で肌を清潔な状態にしたら、タオルで水分をやさしく拭き取ります。

そのあとスキンケアをしていくのですが、化粧水をつけるときに両手で温めてから肌にのせるのがポイント。温めた化粧水を毛穴の中にギュッと押し込むように、しっかりハンドプレスをしましょう。これを繰り返し行い、化粧水を重ねづけすることで肌にたっぷりとうるおいが届きやすいですよ。

肌がうるおうとメイクのりがアップし、メイク崩れを防ぐことにつながるので、ここのステップはできるだけ丁寧におこないましょう。

STEP3:目尻の「乾燥ケア」は仕込んでおく

メイクをしてから時間の経過とともに、目元の乾燥小じわが気になりだすのは大人女性特有のお悩み。そこでメイク前に乾燥を予防するためのステップを加えておきましょう。

スキンケアは化粧水をしてあと、肌のうるおいを閉じ込めるためにクリームなどでフタをしますよね。そのときに乾燥小じわができやすい目尻などに、クリームやオイルなどの油分をしっかりめにつけておきます。このひと手間が、時間の経過とともに気になる乾燥小じわの対策に!

 

メイク前のスキンケアで、メイクのりを格段にあげるコツをご紹介しました。メイクのりだけでなく、メイク崩れを防ぐことも期待できますよ。ぜひいつものスキンケアを見直して、メイクの質をあげていきましょう!

【おすすめ記事】

「混合肌さん」のためのスキンケアテクニック

限定コラボボトルが可愛すぎ!ダヴ×水森亜土の洗顔料(AD)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」