GATTA(ガッタ) > Interior > セール前の今やるべき!プロ直伝「服が取り出しやすい」クローゼット整理
interior

セール前の今やるべき!プロ直伝「服が取り出しやすい」クローゼット整理

2019.11.10 20:30

すっかり季節も変わり、しばらくすると“SALE”の文字を目にする機会も多くなりますね。そんな今の時期は、クローゼットを整理するのに最適なタイミングです。

そこで今回は整理収納アドバイザーのmaikoさんが、セール前に済ませたい“クローゼット整理のコツ”をご紹介します。

衣替えがまだの人は

まずは、夏に活躍した服たちを手入れしながら、また次のシーズンにも活躍できるアイテムなのかをチェックします。

次のシーズンも“着たい”と思えるものは、普段の洗濯だけでは落ちにくい襟袖の汚れや黄ばみを丁寧にケアしたあと、必要に応じてアイロンをかけてから保管しましょう。

ケアをしても傷みが目立ってしまっているものは、思い切って処分の対象に。たとえ気に入っていても、傷みが目立つものは次のシーズンに新たなアイテムを購入すると、着る機会がまわってこなくなります。

そして、この夏に一度も袖を通すことのなかった服も、手放しの対象として検討しましょう。悩んでしまって整理が進まない場合は、実際にその服を着てみましょう。傷みが目立つわけではないのに着なかったのは、何かしらの理由があったはず。鏡の前に立ってチェックしてみましょう。

衣替えが終わった人も見直しを

衣替えが済んでいる場合も、クローゼットに着ていない服がないか、今シーズンに活躍できるアイテムでそろっているかを今一度チェックしましょう。

クローゼットの整理はもちろん、収納の方法が大切なポイントではありますが、“着ていない服”を取り除くことが何より先決。それだけで整理の8割が終わる!と言っても過言ではありません。先ほど述べた方法で、着ていない服のチェックをして整理を進めましょう。

パンパンのクローゼットで、買い物をするたびに罪悪感を覚えるより、着ていない服を手放してから、心置きなく買い物を楽しみたいですよね。

整理したクローゼットをリバウンドさせないために

せっかく整理してすっきりしたクローゼットも、買い物をしたことで同じようにパンパンになってしまい、“リバウンド”してしまっては残念ですよね。

そうならないためには、着ていなかった服の傾向を把握して、今後の買い物に役立てましょう。手放すことになった服の何に原因があったのかを忘れずにチェックしてみてください。

さらに、クローゼットにあるアイテムを把握していれば、似たような服をいくつも買ってしまって持て余してしまうこともなくなるはずです。

 

セールがはじまる前のこの時期に、ポイントを押さえてクローゼット整理を進めていきましょう。きれいに整ったクローゼットは、毎日のおしゃれをもっと楽しくしてくれるはず!

【おすすめ記事】

衣替え時にやっておきたいクローゼット整理術

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)