GATTA(ガッタ) > Bodymake > 1ヶ月で180度開脚に近づく?1日10分でできる「簡単柔軟ポーズ」
bodymake

1ヶ月で180度開脚に近づく?1日10分でできる「簡単柔軟ポーズ」

2019.10.24 21:30

両脚を180度開くポーズは、ただ単に柔軟性が高めるものだけだと思っていませんか? ヨガインストラクターのyuukaさんによると、開脚ができる柔軟性は美容にも健康にもポジティブな要素がたくさんあるんだとか。

そこで今回はyuukaさんが、180度開脚を目指す“1ヶ月の柔軟メニュー”をご紹介します。

股関節周りの柔軟性は必要?

股関節周りの柔軟性は、姿勢や歩き方に影響する可能性があります。股関節周りが硬いと、腰回り全体の動きが悪くなり、姿勢がくずれやすくなってしまうことも……。

美姿勢を目指すためにも、股関節まわりの柔軟は大切! ぜひ1か月コツコツ続けて、180度開脚を目指していきましょう。

180度開脚を目指す「1か月柔軟メニュー」

(1)両脚を肩幅の2.5倍以上開きます。

(2)ひざを曲げて、腰を真下に下ろします。両手はひざの上あたりに起き、お尻を後ろへ引きながら内ももを伸ばしていきます。

(3)息を吸います。息を吐きながら、左肩を内側へ入れるようにして上体を右へねじります。左の内ももが伸びていくのを感じましょう。

(4)息を吸って真ん中に戻ります。

(5)息を吐きながら、右肩を内側に入れて、上体を左へねじります。

(6)一呼吸ずつ動かすようにして繰り返します。

(7)ほぐれてきたら、そのまま右ひざを深く曲げて、お尻を落としていきます。

(8)上体は左方向へ向けましょう。左の内ももが伸びていればOK!

(9)無理がなければ、息を吸います。息を吐きながら、上体を床方向へ沈めて前屈していきます。

(10)5呼吸ほどキープしたら反対側も同様に行います。

(11)2~3回ほど繰り返します。

(12)最後に両脚を開いてお尻を下ろします。

(13)腰とお腹を前に伸ばします。やりづらい場合は、両脚の幅を狭め、ひざを軽く緩めます。

(14)この状態で20秒ほどキープしましょう。

 

いきなり両脚を開いて無理やりストレッチをするのは体を痛めてしまうことも……! 体が心地よいと感じるくらいを目安に、段階を踏んで行っていきましょう。まずはコツコツと一カ月続けてみてくださいね。

【おすすめ記事】

1日1分続けるだけの「柔軟ストレッチ」

美容家が教える「ボディソープ」の選び方(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」