GATTA(ガッタ) > Bodymake > 頑張らなくても大丈夫!股関節を意識するだけで「脚痩せ」を目指す1分エクサ
bodymake

頑張らなくても大丈夫!股関節を意識するだけで「脚痩せ」を目指す1分エクサ

2019.10.16 21:30

なかなか痩せないパーツといえば“脚”。

スカートを履いていると目立たないのに、パンツを履くと太ももが気になる……なんて人も多いのでは?

そんなあなたは、股関節の筋力が弱っているのかもしれません。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、痩せにくい脚でもスッキリを目指せるエクササイズを紹介してもらいました。

股関節の力が弱まると太ももが太くなる!?

一般的に女性は男性に比べると、股関節周りの筋力が弱いといわれています。

股関節の力が弱いと、歩いているときや立っているときに太ももが体全体を支えることになり、これにより太ももがたくましくなる可能性が。

股関節周りの筋力を取り戻し、スッキリ脚を目指しましょう! 今回は、“ほぐす”と“鍛える”に焦点を当てた2つのストレッチをご紹介します。ぜひ、交互に行ってくださいね。

股関節周りをほぐすストレッチ

(1)床に座ります。両ひざを曲げ、両手を背中の後ろに置き、腰を上に伸ばします。

(2)左足先を右ひざの上に乗せます。左脚は外側へ倒し、股関節を開きます。

(3)息を吸います。息を吐きながら左脚が閉じていかないようにしながら、上体を脚のほうへ倒していきます。

(4)このとき、腰が丸まらないように注意します。

(5)左のお尻から太もも、股関節周りに刺激を感じているか意識をしながら5呼吸キープします。

(6)反対側も同様に行います。

股関節周りを鍛えるストレッチ

(1)仰向けに寝ます。両ひざを曲げたら両ひざにヨガブロックや、ティッシュの箱、エクササイズボールなどを挟みます。

(3)ポイントはひざに挟むこと。太ももで挟まないようにしてください。

(4)脚の付け根から少しだけ内股気味にして固定します。

(5)息を吸います。息を吐きながら両脚の付け根と内ももを意識しながら、ゆっくりと脚を持ち上げていきます。

(6)足の裏が天井に向く位置まで持ち上げます。

(7)息を吸いながらゆっくりと下ろしていきます。

(8)脚の重みを利用しながら、10~15回行います。

(9)腰が痛くなるようでしたら、両手でお尻を支えるようにしてサポートしましょう。

 

この2ステップを1日おきでもいいので、交互にやってみてくださいね。

パンツスタイルが似合うスッキリ脚を目指しましょう!

【おすすめ記事】

太ももの引き締めを目指す「座ったままエクサ」

美容家が教える「ボディソープ」の選び方(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」