GATTA(ガッタ) > Hair > 美容師おすすめ!くせ毛だからできる「こなれショートヘア」3つ
hair

美容師おすすめ!くせ毛だからできる「こなれショートヘア」3つ

2019.10.18 21:00

雨の日は、髪が広がってしまい、スタイリングするとウネりが気になる“くせ毛”。コンプレックスで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は美容師の今泉孝記さんが、クセを生かした“ショートヘアスタイル”をご紹介します。隠すのではなく、あえてそのクセを生かしてよりすてきに!

1:くせ毛風「ベリーショート」

クセが細かくてカールしちゃう、ボリュームが出てまとまらない……。そんな方は思い切って“ベリーショート”にしてみてはいかがでしょうか。束感をしっかり出すことで、クセがきれいに動いてくれますよ。特に髪の量が多い方は、短くすることでボリューム自体を減らせるので、扱いやすさも変わってくるはず!

「ベリーショートだと男の子っぽくなってしまうのでは」と躊躇する方が多いですが、心配いりません。フォルムが曲線的になることで、短くてもかわいさのあるショートに仕上がります。丸さのあるベリーショートは、くせ毛さんに特におすすめですよ!

2:軽さのある「ショートボブ」

実は軽くなればなるほどクセは出やすくなります。ですがあえて軽さのあるスタイルにすることで、こなれてみえるのがレイヤーたっぷりの“ショートボブ”。

段の入ったショートボブはクセをふわふわとしたシルエットとして生かし、重たく見えないのがポイント。

あわせてカラーも明るめのベージュ系にすると、より軽さが強調できますよ! 後頭部は丸く、ボリュームを出したい位置を高くしすぎないのが今っぽいショートボブに仕上げるコツです。

3:ハネてもかわいい「ウェーブボブ」

いつも片方だけハネてしまう、雨の日に広がって大きなウネりが出てしまう……。そんな方におすすめなのが大きく“ウェーブ”をかけたボブスタイル。

元々のクセを生かしながら、ランダムにウェーブを大きくかけたスタイルに仕上げることで、ラフ質感とこなれた雰囲気が叶います。

そしてなによりスタイリングする際、濡れている状態でワックスとオイルを揉み込んで自然乾燥させるだけでおしゃれに仕上がるのがうれしいポイント。スタイリングが苦手な方にぴったりです!

 

今まで悩まされることが多かった“くせ毛”を生かして、こなれ感のあるショートヘアスタイルを楽しみましょう。

【おすすめ記事】

ショートボブ向けの「正しいブロー」3STEP

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)