GATTA(ガッタ) > Beauty > プロが教える!一重さんにしかできない「美人アイメイク」のコツ3つ
beauty

プロが教える!一重さんにしかできない「美人アイメイク」のコツ3つ

2019.10.22 21:00

ビューティープロデューサーの小笠原彩さんは、一重さんから「ぱっちりとした印象が強い二重に憧れる」というお悩みをよく相談されるそう。ですが、実はクールで洗練された印象を演出できる一重さんは、海外でも人気が高く、実際たくさんの一重モデルさんが活躍しているんだとか。

そこで今回は小笠原彩さんが、一重さんだからこその魅力を引き出す“アイメイク”をご紹介します。

1:アイライナーで仕上げる「キャットアイ」

実は一重さんの目の形は、アイライナーでつくるクールな“キャットアイ”が魅力を存分に引き立ててくれます。

海外で活躍中のアジア系モデルさんを想像してみてください。多くのモデルさんがキャットアイに仕上げているのは、それが美しさを引き立てることを知っているからなんですよ。

“キャットアイ”は2つのポイントをおさえれば、メイク初心者の方でも簡単にできますよ。

その1:芯の堅いリキッドアイライナーを使う

芯が柔らかいアイライナーやペンシルタイプは、キャットアイの繊細なラインが作りづらく、失敗に繋がりやすいです。

その2:真っ正面を見た状態で、目尻の跳ね上げるラインを決める

次にどのようにラインを作るか、を決めていきましょう。アイラインを描くときに、ラインの角度や長さを決めるのが一番難しいと感じる方が多いかと思います。

キャットアイのポイントは鏡を真っ正面に置き、まっすぐ見た状態で、目のキワの延長線上に伸びるように引くこと。そうすることで、失敗しづらくなりますよ!

2:シルバーやダークアイシャドウでつくる「洗練アイ」

次にご紹介するのは、シルバーやダーク系のアイシャドウで仕上げる上品な”洗練アイ”。

実は一重さんは、今季トレンドのダークシャドウがとても似合いやすいです。さらに、キラキラのパールやラメが入っていても目立ち過ぎることがなく、上品で洗練された印象を演出できます。

塗り方はとても簡単。真っ正面から見て、上まぶたより1ミリ上あたりの位置まで、目のキワからアイシャドウを伸ばしていけば完成。

ハイライトカラーなどを目頭に載せてあげると、より抜け感と洗練感を演出できるのでおすすめです。

3:下まぶたを使った、華やかな印象の「うるツヤアイ」

最後にご紹介するのは、下まぶたを使ったかわいらしい「うるツヤアイ」。実は一重さんの目は骨格的に、下まぶたに付けるアイシャドウの印象が二重まぶたさんより見えやすくなります。

このメリットを活かし、この部分にゴールドパールやホワイトパール、またはかわいらしいピンクパールのアイシャドウを線状に入れてみましょう。一瞬で華やぎのある、うるツヤアイに変身できますよ。

 

一重さんだからこそ、魅力的に仕上げる3つのアイメイク。なりたい印象に合わせて、ぜひ取り入れてみて!

【おすすめ記事】

一重さんにおすすめ!「デカ目」を叶えるアイシャドウ3つ

限定コラボボトルが可愛すぎ!ダヴ×水森亜土の洗顔料(AD)

【画像】
※Fast&Slow、 a.otsuka / PIXTA(ピクスタ)