GATTA(ガッタ) > Interior > 正しく選んで効率アップ!キッチンの「実はいらない収納アイテム」3つ
interior

正しく選んで効率アップ!キッチンの「実はいらない収納アイテム」3つ

2019.10.18 22:00
出典: shutterstock

キッチンの整理整頓に欠かせない“収納アイテム”。

使い勝手のいいキッチンにするには、上手に収納アイテムを活用しなければいけません。とはいえ、さまざまな収納アイテムが販売されているので、どんなものを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、整理収納アドバイザーのmaikoさんが、キッチンの“実はいらない収納アイテム”をご紹介します。

1:備え付けの仕切り用ケース

キッチンの引き出しや、背面収納の引き出しに初めから備え付けられていることが多い“仕切り用のケース”。

とりあえずそのまま使っていることが多いですよね。

もちろん、それで使い勝手がよければ問題ありませんが、備え付けだから使ったほうがいいと思い込んでいることも少なくありません。

収納したいものに仕切りのサイズが合っていなければ、使い勝手も悪く、スペースもムダにしてしまいます。

ただなんとなく備え付けだからという理由で使っている場合は、使い勝手やスペースのムダがないかをあらためて確認してみてください。

備え付けの仕切り用ケースを使うより、収納するものに合わせたケースを取り入れたほうが、使いやすい場合も多いはずです。

2:ふた付きのケース

見た目がすっきりすることや、重ねて使えることなど、メリットの多い“ふた付きの収納ケース”。しかし、きちんと用途に合わせて使わないとデメリットも多いのが実際のところです。

ふた付きのケースをキッチンの引き出しに使う場合、引き出しを開けた際の見た目はすっきりしますが、引き出しを開けて、さらにケースのふたを開けないと目的のものは取り出せません。使用頻度の高いものは、ふたのないケースを使って収納した方が使い勝手がよくなるはずです。

また、ふたがあることで、中身がわかりづらいといったデメリットも。食品ストックなどをふた付きのケースに収納する場合には、賞味期限切れに注意が必要です。パッと見て確認できないと、思った以上に使い忘れは増えてしまうものです。

3:洗えない素材

キッチンで使う収納アイテムは、清潔に保つ必要があるため、洗える素材がベスト。

バスケットや布製の収納アイテムも、インテリアアイテムとしては役立ちますが、気軽に洗えないためキッチンの収納アイテムとして使うには向きません。

調理中に汚してしまうことや、知らぬ間に油汚れでベタついてしまうことも考えると、やはり、気軽に洗える素材の収納アイテムが便利ですね。

 

上手に収納アイテムを選んで、使い勝手のいいキッチン収納をつくってくださいね。

【おすすめ記事】

プロが教える「キッチン整理」の難易度別片付けポイント

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)

【画像】
Copacabana、Joylmage、brizmaker / Shutterstock