GATTA(ガッタ) > Hair > クセや広がりを解決!ショートボブ向けの「正しいブロー」3STEP
hair

クセや広がりを解決!ショートボブ向けの「正しいブロー」3STEP

2019.10.15 20:00

今季人気のショートボブスタイル。素敵だけれど、毛先がハネてしまったり、広がってまとまらなかったりと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

美容師のナカイヒロキさんによると、毛先のハネや髪の広がりは、毎日のブローの仕方で解決できるそう。今回はその方法を、ナカイさんに教えてもらいました。

少しのコツを覚えるだけで、仕上がりが変わります!

STEP1:髪の毛をしっかり濡らす

クセがでている部分や毛先のハネている部分だけを水で濡らしてもダメ! 部分的に水で濡らしてもクセはなかなか直りません。

髪の広がりやハネを直すには、髪の毛全体を濡らしましょう。とくに髪の根元を濡らすのが重要です。

髪の根元から濡らしてあげることでクセが直しやすく、まとまりがよくなりますよ。

ブローをする前は、意識してみてくださいね。

STEP2:髪の毛をさまざまな方向に向かって乾かす

髪の毛を乾かすときはどのようにドライヤーの風を当てていますか?

顔周りから後ろに向かってドライヤーの風を当てている人が多いのではないでしょうか。

一定方向に向かってドライヤーの風を当てていると髪の根元が潰れてしまい、毛先がハネやすくなります。

髪の根元を起こすようにしたり、左右からドライヤーの風を当ててみて。そうすることで毛先が内側に入り、まとまりがよくなりますよ。

また、前髪は分け目とは逆に乾かすのがポイント。ある程度乾いてから、最後の仕上げに、自分が流したいほうに乾かすときれいに収まります。

STEP3:ブラシを通す

仕上げに、ブラシを通しましょう。ブラシを通すことで髪の手触りがよくなり、ツヤもアップ!

その際、髪の根元〜毛先に向かって、ブラシを回しながら通すとツヤが出やすくなります。

ブラシの種類は“ロールブラシ”か、イギリスのデンマン社から生まれた“デンマンブラシ”がおすすめ。

ちなみに筆者は、ボリュームがほしいときや、毛先を丸くしたい場合はロールブラシ。ナチュラルにストレートで仕上げたいときは、デンマンブラシと使いわけています。

ブラシによって仕上がりが全然違ってくるので、いかにブラシが大事なのかわかるはずですよ。

 

普通に髪を乾かすよりもブローをしたほうが、まとまり・手触り・ツヤがよくなります。

少し手間がかかったとしても、髪がきれいなほうが1日の気分もよくなりますよね。

ぜひ、みなさんも正しいブローを実践してみてくださいね。

【おすすめ記事】

美容師直伝「秋にすべきヘアケア」とは

サロン帰りの美髪をキープする裏ワザ3つ(AD)