GATTA(ガッタ) > Hair > 多毛さん必見!髪の毛が広がりにくい「似合わせショートヘア」4つ
hair

多毛さん必見!髪の毛が広がりにくい「似合わせショートヘア」4つ

2019.10.03 20:30

美容師のナカイヒロキさんによると、ショートヘアにイメチェンしようか悩んでいるとき、「多毛だから髪が広がりそう」という不安を持ったお客様が多いそう。髪が短くなると、髪のボリュームがより強調されてしまうのでは……と思い込んでいませんか?

そこで今回はナカイさんが、髪の量が多いからこそ挑戦したい“似合わせショートヘア”をご紹介します。

タイプ1:髪が柔らかい×多毛

多毛だけど髪の毛が柔らかい人は、実はショートヘアが似合いやすいです! 髪が柔らかいと、多毛でも髪の毛が広がりにくくなります。なので、さまざまなシルエットのショートヘアにぜひチャレンジしてみてください。

特に、筆者がおすすめしたいのが“耳かけショートヘア”。ふんわりとした柔らかさを生かした、女性らしいヘアスタイルです。

タイプ2:髪が硬い×多毛

髪の毛が硬くて多毛の人は、ショートヘアにするときには少し注意が必要! 短くしすぎると、髪が浮いて広がったり膨らんだりしてしまう可能性が大きいです。

なので、少し長めの“ショートボブ”がおすすめ! 長めに残しておいても、軽さをしっかり入れることで収まりがよくなりますよ。

タイプ3:直毛×多毛

直毛で多毛の人は、髪の毛が硬く重くみえやすいです。柔らかいショートヘアにするためには、毛先の丸みが必要です。

なので、毛先を巻ける長さを残すのがポイント。毛先にゆとりがあることで、直毛でも柔らかくみえます。

さらに毛先を25ミリのコテで巻いてあげると、柔らかいふんわりとした動きがでます。ヘアスタイリングの参考にしてみてください。

タイプ4:くせ毛×多毛

くせ毛で多毛の人は、くせの強さによって完成するヘアスタイルが違います。くせ毛を生かすか、それともストレート風に仕上げるかで雰囲気がまったく異なります。

髪の表面は長めに残しつつも、襟足をすっきりさせることで洗練されたシルエットに仕上げるヘアスタイルがおすすめ。くせが強い場合はストレートアイロンで伸ばし、くせが弱い場合はそのまま生かして、ワックスを揉み込むスタイリングしていきましょう!

 

ただ髪の量が多いだけでなく、髪質によってもベストなシルエットが異なります。自分の髪質にマッチする髪型を参考にしてみて!

【おすすめ記事】

美容師直伝「毛先がはねにくくなる」スタイリング術

憧れのツヤ髪に!お悩み別に選べる「自分のためのシャンプー」(AD)