GATTA(ガッタ) > Bodymake > ダイエットエクサはいつやるべき?プロが教える「効率よく脚痩せを目指す」コツ
bodymake

ダイエットエクサはいつやるべき?プロが教える「効率よく脚痩せを目指す」コツ

2019.09.04 20:30

「脚痩せのために何をすればいいか?」「いつ行えばいいか?」ヨガインストラクターのyuukaさんが、レッスン後に生徒さんによく聞かれる質問なんだとか。特に「いつ行えばいいか?」というのは、効率よくダイエットをする上で知っておきたいですよね。yuukaさんいわく、脚痩せを目指す際、おすすめする時間帯は“朝の出勤前”や“家事を行う前”の時間。

そこで今回はyuukaさんが、そんな朝の出勤前や家事を行う前の時間にさっとできる“おすすめエクササイズ”をご紹介します。

活動し始める前に、姿勢を整えるのがカギ

毎日何気なく立っていたり、歩いていたりするその動作。そのせいで脚のラインが崩れていると知ったら驚きますよね? yuukaさんによると脚が太くなるのは歩き方や、歩く際の筋肉の使い方のアンバランスが影響していることが多々あるそう。

特に太ももの外側や前側が気になる方は、脚を鍛えるエクササイズをする前に、まず太ももの前と後ろのバランスを整えましょう。

エクササイズは朝がおすすめ

エクササイズを行うのは、朝がおすすめ! 家事を始める前や出勤前、日中歩く前に行いましょう。

歩くときに脚の癖を整えていけば、気になる太ももの前側や外側の負担を軽減できます。歩く時間をエクササイズに変えるために、まずはこの2STEPを覚えておいてくださいね。

STEP1:太ももの前面のハリをほぐす

(1)ひざ立ちの姿勢になります。

(3)右脚を前に出し、ひざを曲げます。

(4)左ひざから先を持ち上げて、左手で足先をつかみましょう。

(5)左の太ももの前側が伸びるように、脚を引き寄せたり、腰を真下に沈めたりしながら調節します。

(6)20秒キープします。

(7)2~3セット行い、反対側も同様に行います。

STEP2:太ももの後ろ側を整える

(1)立った姿勢で両脚を腰幅程度に開きます。

(2)両ひざを軽く曲げて、少しお尻を後ろへ突き出しましょう。

(3)お尻を後ろに突き出しながら、上体を倒します。

(4)太ももの裏側が伸びるように上体は前方へ、お尻は後方へ引っ張るようにしましょう。

(5)息を吐きながら元の姿勢に戻ります。お尻と太ももの後ろ、股関節の後ろ側の力で戻るように意識して。このときもひざは曲げたままにしておきます。

(6)ゆっくり丁寧に15回行いましょう。

 

脚の筋力のバランスを整えて、歩きやすい姿勢を朝に作っておけば、効率良く歩きながらエクササイズができます。毎日当たり前にしている動作をエクササイズタイムにしてみては?

【おすすめ記事】

手を使わずに美脚を目指す「寝ながらマッサージ」

頑張るあなたの疲れをほぐす毎日の癒しルーティン(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」