GATTA(ガッタ) > Hair > 美容師が教える!ショートボブでもできる「簡単まとめ髪」アレンジ
ねじり留めを使った短い髪のヘアアレンジ
hair

美容師が教える!ショートボブでもできる「簡単まとめ髪」アレンジ

2019.09.03 21:30

髪が短いとヘアアレンジが難しいと思っている方は多いと思いますが、実は短い髪でもできるヘアアレンジはたくさんあるんです。

そこで今回は、美容師の野澤琢磨さんに、短い髪でもできるおしゃれなヘアアレンジを紹介してもらいました。

これから秋冬にかけて結婚式や二次会の誘いも増えてくるはず。この機会にぜひマスターしてみて!

短い髪には、ゴムよりもピンがおすすめ

髪が長いとゴムを使って髪をまとめるケースが多いと思います。

ゴムは安定感があるので、ヘアアレンジに役に立つアイテム。しかし、髪が短いと、ゴム留めがうまくできない場合もあります。

そんなときは、ピンをうまく活用してみて! アレンジの幅がぐっと広がりますよ。

ピン留めは、コツさえつかめば誰でも簡単にマスターできるので、この機会にぜひ覚えましょう!

ピン留めの基本「ねじり留め」をマスターしよう

ピンを髪に留めることを“ピニング”と呼びますが、ピニングの基本はねじって留める“ねじり留め”です。

このねじり留めをマスターすればピン留めが簡単に。

まず髪を挟むタイプのアメピンを使って、ねじり留めの解説をしていきます。

(1)髪を適量つまみます

(2)ねじった髪の表面の髪を、アメピンの短いほうですくいます

(3)もう1つの長いほうのピンで、根元の髪をすくいます

(3)最後にねじってきた方向の逆側に、ピンを差し込みます

この方法でピニングをすると1本でしっかりと留まり、さらに留めたピンが表面からは見えないのでおすすめです。

ねじり留めを使った短い髪のヘアアレンジ

それではねじり留めを使ったヘアアレンジを紹介します。

(1)真中の髪を適度にすくい、ねじり留めをします

(3)両サイドの髪も同じく最初にピニングした場所までねじって、ねじり留めをします

(3)残りのバックの髪も2つに分けて、同じようにねじって留めます

(4)残った毛先を左右のどちらかにねじって留め、全体をほどよく崩したら完成です

 

今回紹介したヘアアレンジは、髪が短い人でも立体的でルーズな感じに仕上げることができます。

お呼ばれやパーティに、いろいろな場面で活用してくださいね。

【おすすめ記事】

大人の「簡単アップヘアアレンジ」6選

憧れのツヤ髪に!お悩み別に選べる「自分のためのシャンプー」(AD)

【画像】
※ PushAnn / Shutterstock