GATTA(ガッタ) > Beauty > 朝洗顔後のケアはNG!? 正しい顔の産毛処理で「褒められすっぴん肌」に
beauty

朝洗顔後のケアはNG!? 正しい顔の産毛処理で「褒められすっぴん肌」に

2019.09.08 20:30

そこまで気にならないからと、放置されがちな顔の産毛。しかし顔の産毛ケアができていればメイクのりもアップするほか、顔色も明るく見えるようになるなどメリットがたくさん。

そこで今回は美肌研究家でコスメコンシェルジュの杉本由美さんが、褒められ肌を目指すための正しい“産毛ケア”をご紹介します。

NG1:朝の洗顔後の産毛剃り

メイク前に鏡を見たとき、産毛に気づいて顔剃りをするのはNG。朝洗顔後の産毛剃りは、紫外線ダメージなど肌が何かしらのダメージ受ける状況が多くあり、炎症を引き起こす可能性があるため不向きです。

産毛剃りのベストなタイミングは、夜のお風呂上りの肌が清潔な状態のとき。産毛剃り後はクリームなどでしっかり肌のケアをしてあげることも忘れずに。

NG2:頻繁な頻度でおこなう

メイクのりがよくなるからと、産毛剃りを毎日するのはNG。たしかにひげ女子の回避や、ツルツルな肌を目指したいという気持ちはわかりますが、やり過ぎは肌にダメージを与えてしまうことに。

フェイスシェーバーでも、産毛剃りをしているときに角質も一緒に取り除いているんです。古い角質は不要ですが、角質そのものは外部刺激から肌を守る働きも備えており、肌のためには必要なもの。産毛剃りのやりすぎは、バリア機能の低下にも繋がり肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので、週に1度程度にしておきましょう。

NG3:適当なアイテム選び

顔の産毛剃りのアイテムはカミソリやフェイスシェーバーなど種類豊富がありますが、適当にセレクトするのはおすすめできません。カミソリは切れ味がいいですが、その反対に力加減では傷ができてしまったり、肌に赤みが出てしまったり……など炎症を起こしてしまうことも。

フェイスシェーバーなら肌に優しく、力加減などのテクニックも不要。安全性も高いため、産毛剃りの初心者さんでもケアしやすいアイテムです。

 

産毛ケアができていないと、メイクのりがイマイチになり、透明感の演出もできにくくなります。今まではあまり気にしていなかったという方も、ぜひこの機会に産毛ケアを見直してみて!

【おすすめ記事】

つるツヤ美肌をつくるスキンケア&おすすめアイテム

口紅はいらない!? 色付きリップクリーム(AD)

【画像】
ImageFlow / Shutterstock

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」