GATTA(ガッタ) > Hair > 初心者でもチャレンジしやすい!「短すぎないショートヘア」3つ
hair

初心者でもチャレンジしやすい!「短すぎないショートヘア」3つ

2019.08.14 21:30

髪を乾かすのがラクチンだったり、スタイリングが簡単といった理由から、最近ショートヘアにチャレンジする人が増えているそうです。

でも、初めて髪を短くするとなると似合うかどうか不安になる人は多いのではないでしょうか?

美容師のナカイヒロキさんによると、実際にサロンに来るお客さんも、思いきり短くするのには抵抗がある故に、少し長めのショートヘアからチャレンジする人が多いようです。

今回は、ナカイヒロキさんに短すぎないショートヘアスタイルを紹介してもらいました。

チャレンジしやすい長めショートヘア

1:前髪長めショートヘア

こなれ感抜群の前髪長めショートヘアなら、短めヘアをしたことがない方でも挑戦しやすいのでおすすめ。

全体を短くしても前髪を残しておくことで、対抗感がなくショートヘアにチャレンジできますよね。

また、前髪が長いと巻いたり耳にかけたりと、アレンジの幅も広がります。

毛先を25ミリのコテで巻いて、ワックスを髪の根元〜毛先に向かって揉み込んでください。そうすることでふんわり柔らかく仕上がりますよ。

2:前下がりショートボブ

ボブよりはスッキリしたいけれど、ショートヘアにするのは不安という人にはショートボブがおすすめです。

後ろは短くしつつも、顔周りに向かって髪が長くなるようにカットしています。

顔周りが長いことでショートヘアでも短く見えすぎないですし、耳かけすることでスッキリした印象にも見えます。

スタイリングは毛先をストレートアイロンで軽く内側に入れて、オイルを毛先に馴染ませたら完成! ボブに飽きた人にもイチオシのヘアスタイルですよ。

3:丸みショートヘア

「ショートヘアにしたいけれど、ボーイッシュにはしたくない!」という人は多いもの。

そんな方におすすめしたいのが丸みショートヘア。襟足は短くしつつも、髪の表面は長めに残すのがポイント。

そうすることでスッキリしながらも女性らしい丸みのあるシルエットになります。

丸みのあるショートヘアは初めて髪を短くする人から人気が高いです。スタイリングは髪を乾かしてスタイリングバームを髪の毛全体に薄く馴染ませて完成!

 

ショートヘアと言っても少しの違いで印象が大きく変わります。

初めてショートヘアにチャレンジする人は、ぜひ今回紹介したスタイルから試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

美容師おすすめの「最旬ショートヘア」6つ

誰でも続けられる簡単ヘアケア3つ(AD)