GATTA(ガッタ) > Leisure > 一度は行きたい!沖縄好きが選ぶ「レンタカーなしでも行ける離島」3つ
leisure

一度は行きたい!沖縄好きが選ぶ「レンタカーなしでも行ける離島」3つ

2019.08.10 21:00

一年中人気の沖縄ですが、海の美しさを満喫するならやはり夏がベストシーズン。色々と見て周りたいけれど、運連できる人がいない、もしくはお酒を飲みたいから運転したくないときがありますよね。

そこで今回は沖縄好きの旅ライター小林繭さんが、車なしでも思いっきり楽しめる“沖縄の島”をご紹介します。沖縄の夏は例年本島で9月末、八重山なら10月の頭くらいまで楽しめるので、秋の連休も頭に入れて予定を立てるのがおすすめです!

1:クジラやウミガメが棲む透き通る海へ「座間味島」

沖縄本島那覇の西約40kmに点在する慶良間(けらま)諸島は、世界でも有数の生命豊かな珊瑚礁の海に囲まれ、夏は海水浴客、冬はホエールウォッチング、また一年を通してダイバーたちに絶大な人気を誇る島々です。

慶良間観光の拠点となる“座間味島”は、“座間味ブルー”と呼ばれるほどの透明度と、魚影豊富な珊瑚の海を気軽に楽しめるビーチが点在する島。

浅瀬でもカラフルな熱帯魚が泳ぐ『古座間味ビーチ』や珊瑚の海にウミガメが棲む『阿真ビーチ』、夕陽の名所として知られる『女瀬崎』など見所もいっぱい。

とにかく魚影の濃さに驚かされますが、運がよければシュノーケリングでウミガメやエイの姿を見かけることも!

面積にして約17㎢という小さな島で、港に面した集落に宿やスーパー、飲食店などがコンパクトにまとまるので、移動は基本的に自転車や徒歩。点在するビーチを訪ねるにはシーズン中公共バスが運行中。

ちなみに、座間味島までは那覇の泊港から高速船でわずか50分! 夏の沖縄にビーチ遊びを目当てに出かけるなら、本島ではなく座間味島が断然おすすめです。

2:古きよき時代の沖縄の面影が今でも残る、美しき「久米島」

別名“球美の島”の名で知られる久米島はその言葉が示すとおり、緑豊かな美しい島。沖縄本島から西に100kmほど離れた場所にある沖縄諸島の最西端の島です。

真っ白な砂浜だけの無人島『はての浜』がある場所としても知られていて、この『はての浜』に憧れ、一度は久米島を訪れたいと願っている人は少なくないはず。久米島は沖縄の島々の中で5番目に大きな島ですが、メインビーチとなる『イーフビーチ』エリアにほとんどすべてのものがまとまっているので、車がなくても困りません。

島内は町営のバスが運行されているので、それを利用すれば島内観光も可能。食堂やカフェ、コンビニ、レンタサイクルショップなど、滞在中必要なものがすべて『イーフビーチ』に集約されているのが便利でうれしいですね。

島には琉球王朝時代の赤瓦の屋敷『上江洲家(うえずけ)』や高台から島を一望できる『宇江城城(うえぐすくじょう)跡』、そして島に古くから受け継がれる伝統的な織物『久米島紬』に触れることができる『久米島紬の里ユイマール館』などの観光スポットも点在します。

また、海洋深層水を使ったスパ施設『バーデハウス』はぜひ立ち寄ってほしい筆者のおすすめスポット!

3:沖縄で一番フォトネジェニックな島「竹富島」

石垣島の離島桟橋からはじまる八重山の島々を巡る旅で、最初にたどり着くのが“竹富島”。船でたった10分なので、石垣島から日帰りで訪ねる人も多いのですが、日帰りで帰ってしまうのはあまりにももったいなく、断然泊まりがおすすめ!

島は面積にしてわずか5.43㎢。竹富島での観光はレンタル自転車が基本となり、旧集落をはじめ『コンドイビーチ』や星の砂で知られる『カイジ浜』、島の夕陽ポイントである『西桟橋』などをまわります。

訪れる人がみな一瞬にして魅了されるのはその旧集落の風景で、真っ白い珊瑚を敷き詰めた小径には石垣を積んだ塀が連なり、赤瓦の屋根の上からはそれぞれシーサーたちが集落を見下ろします。

今でも沖縄の原風景がそのまま残る竹富集落は、水牛車に揺られて一周するのが一番人気のツアー。夕方、石垣島への最終便が出てしまうと島の中は一気に静かになり、その景観の美しさが一層映えます。

 

夏の沖縄は見所がたくさん! 自然の美しさを思う存分楽しんで、日頃の疲れをリフレッシュしてみては。

【おすすめ記事】

まるで海外!夏にしか出会えない絶景5選

この夏食べたい大人のための「ミント」アイス(AD)

【画像】

※tororo reaction、 aindigo、 sakuraphotography、dah_ken / Shutterstock、 shikema、Masami Kihara、TAKAHIRO KUBO / Shutterstock

フリーランス編集ライター
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノ全般、ロハスやインテリアネタなどを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

From小林繭・・・
「日本人って、ついついまわりの人やつくられた社会の枠組みを気にしすぎだと思うのでもっと自分自身の感覚に自由でよいのではないでしょうか。社会からはみ出ているように思えたとしても地球というサイズで見てみれば、ぜんぜんです。
“自分らしさ”という言葉にも必要以上にしばられないで。自分だって日々どんどん変わっていくもの。生きることは生きていくことでしか学べないので自分らしさに固定観念を持たず、そのときに自分が感じることを大切にしていって欲しいです。
そんな日々の毎日を楽しくするヒントを『GATTA』を通して発信していけたらと思っています。」