GATTA(ガッタ) > Hair > この夏染めるならコレ!美容師おすすめ「オーダー増加中ヘアカラー」3選
hair

この夏染めるならコレ!美容師おすすめ「オーダー増加中ヘアカラー」3選

2019.08.21 21:00

本格的に暑さが厳しくなってきた今日この頃。美容師のナカイヒロキさんによると、最近は「ヘアカラーを変えてイメチェンしたい!」というご要望が増えているんだとか。髪の毛の長さを変えずに印象を簡単に変えられるのが魅力的ですよね。

そこで今回はナカイさんが、最近人気にオーダーが増え始めていると感じる“最旬ヘアカラー”を厳選してご紹介します。この夏染める予定のある方、ぜひ参考にしてみて!

1:「ブランジュカラー」

2019年夏のトレンドヘアカラーとしては“ブランジュカラー”が見逃せません! ブランジュカラーとは、深みとツヤのあるブラウンと柔らかく透明感のあるベージュを混ぜたヘアカラー。日本人のお肌にも合いやすく、女性らしい印象を与えてくれます。

寒色にすると肌がくすむという方には、特にブランジュカラーがおすすめ。アッシュやグレー系に飽きてしまった方もぜひチャレンジしてみてください。

2:「バレイヤージュカラー」

2019年夏の注目ヘアカラーといえば“バレイヤージュカラー”。外国人風ヘアカラーが好きな方や夏に髪を明るくしたい方から人気が高いです! そもそもバレイヤージュとは、フランス語で“ほうきで掃く”という意味。ほうきで掃くようにハケをランダムに滑らせて塗っていくヘアカラーです。

髪の毛の根本〜中間までナチュラルで、中間〜毛先まではたっぷりハイライトを入れて明るさを出します。根本部分はランダムにハイライトを入れているので、髪が伸びても気になりにくいです!

不規則なムラのあるヘアカラーは、外国人のラフなカジュアルな雰囲気に仕上がります。

3:「ダークチャコールグレー」

夏でも髪を暗くしないといけない方、オフィスでの髪規定が厳しい方……そんな方におすすめなのが、“ダークチャコールグレー”。

黒髪に近いですが、光に当たるとほんのりとグレー感がでます。「黒染めはしたくないけど、暗くしたい!」という方にぴったりです。紫外線で髪の色が抜けやすい方は、あえてこの夏は暗めのヘアカラーを選んでみてはいかがでしょうか?

 

夏は紫外線などの要因で、髪色が抜けやすい時期。仕上がりがきれいなヘアカラーだと、ツヤとうるおいがある髪の印象へと導いてくれます。ぜひこの夏の参考にしてみて!

【おすすめ記事】

この夏おすすめ「ベージュ系ヘアカラー」7選

誰でも続けられる簡単ヘアケア3つ(AD)