GATTA(ガッタ) > Interior > 「自分でできる」を増やす!子供部屋の収納の見直しポイント3つ
interior

「自分でできる」を増やす!子供部屋の収納の見直しポイント3つ

2017.11.21 20:00

子供が成長していくにつれて、自分でできることも増えていきますよね。その成長にともない、収納のルールや方法も見直しが必要になってくるものです。

そこで今回は、子供部屋の収納で見直すべきポイントを、筆者宅の事例を交えながらご紹介します。

 

子供部屋のクローゼット収納

出典:https://gatta-media.com

まずは、子供部屋のクローゼットの引き出し収納。筆者宅ではこのような感じで上半分・下半分に分けて引き出し収納にしています。

今までは下半分を自分で身支度ができる小2の長男用、上半分を手伝いが必要な年少の次男用としていました。

ですが、最近次男も自分で服を選ぶようになり、また長男も背が伸びて上半分でも届くようになったので見直しをすることに。

出典:https://gatta-media.com

まず、下半分の引き出しには次男の洋服をセット。これで次男も自分で服選びがしやすくなりました。

出典:https://gatta-media.com

そして上半分の引き出しには長男の洋服。引き出し上段だとまだちょっと身長的に取り出しづらいため、下段によく着る服をセットしています。

これで兄弟ともに身支度しやすい環境を作ることができました。

 

おもちゃ収納の置き場所の見直し

出典:https://gatta-media.com

続いては、おもちゃ、中でも『プラレール』の収納。これまでは『IKEA』の黒いボックスに入れて3段重ねで収納ケースの上に置いていたのですが、最近『プラレール』で毎日遊ぶようになった次男が「ママ取って〜!」を連発するように。

出典:https://gatta-media.com

そこで思い切ってそのまま床に置くことに。床置きすることで場所をとってしまいますが、これなら次男も自分でリビングに運び出すことができるので、「ママ取って〜!」と言われなくてもすむようになりました。

 

よく着るアウターの収納場所

出典:https://gatta-media.com

最後は、アウターの収納場所。クローゼットのハンガーにかけているアウターは、長男でも手が届かないため、毎朝出かけるときに取ってあげるのが面倒でした。

そのため、よく着るアウターはオープン棚のバスケットに収納。同じバスケットに通学帽も入れて、まとめて身支度できるようにしています。これで長男は自分で朝の身支度は完結できるようになりました。

 

収納に正解はないものですが、子供部屋の収納は成長とともに柔軟に見直しが必要なポイント。成長が感じられるのは嬉しいことでもあるので、子供と相談しながら少しずつ見直していきましょう。

 

【関連記事】

※ 暮らしになじむLOHACO展でも大人気!リフレッシュタイムに「可愛い紅茶」を取り入れて(PR)

※ クリスマスを一足先に。ツリーなしでも楽しめるお手軽インテリア術

整理収納アドバイザー
LIFE WITH主宰。2人の男児の育児・家事・仕事の両立に奮闘中の整理収納アドバイザー。「元・汚部屋ワーママ」「超ワンオペ育児」だった経験を基に、忙しいママをもっとラクに、楽しくするための収納・インテリアを提案。

日本テレビ「ヒルナンデス!」にも整理収納の達人として出演するほか、雑誌・書籍の掲載も多数。2018年12月には初の著書となる「自動的に部屋が片づく 忙しい人専用 収納プログラム」(KADOKAWA)を出版。